Help us understand the problem. What is going on with this article?

Visual Studio Code チートシート

More than 3 years have passed since last update.

基本

端末でcode .とすると、VS Code でカレントディレクトリを開く。
code [ファイル名]とすると、VS Code でファイルを開く。

コマンド

コマンド 内容 備考
Ctrl+Shift+P or F1 コマンドパレットを開く >
Ctrl+B サイドバーの開閉
Ctrl+\ 画面分割
Ctrl+(数字) ペイン切り替え
Ctrl+N 新規ファイル作成 新規フォルダ作成はまだ無いっぽい?
Ctrl+P ファイルを検索して開く
Ctrl+K Ctrl+P ワーキングファイルから検索して開く ~
Ctrl+T 全ファイルにまたがって参照検索して移動し、ファイルを開く
Ctrl+Tab 最近開いたファイルを巡回する Alt+左右方向キー でも似たようなことができる
Ctrl+Shift+F 全ファイルにまたがってキーワード検索する
Ctrl+Shift+O 参照検索して移動する
Ctrl+G 指定した行番号に移動する
Ctrl+Shift+\ 対応するブラケットまで移動する
Alt+Click マルチカーソルを追加する
Ctrl+Alt+上下方向キー 上下にカーソルを追加する
Ctrl+D 選択したキーワードにマッチする位置にカーソルを追加 Ctrl+Shift+L で該当箇所全て一度に追加できる
Shift+Alt+ドラッグ 矩形選択
Shift+Alt+左右方向キー 選択範囲を、ワード→行→ブロック→更に上のブロックといった感じに拡縮する Shrink/expand selection
Ctrl+Space インテリセンス
Ctrl+マウスホバー シンボルの定義を表示 便利
Shift+F12 or Alt+F12 参照or定義検索の結果をインライン表示
F2 シンボルのリネーム ファイル全体に適用される
Ctrl+Shift+M 警告やエラーのリストを表示 !

よく使いそうなもの

コマンド 内容 備考
Ctrl+P ファイルを検索して開く 万能。 taskやgitとかもここから操作できる。>@を続ければ他のコマンドや参照検索とかもできる。
Ctrl+\ 画面分割
Ctrl+(数字) ペイン切り替え
Ctrl+マウスホバー シンボルの定義を表示 よく忘れるので
Ctrl+B サイドバーの開閉 3分割すると邪魔なので隠したくなる。Ctrl+Shift+F などでサイドバーを開いてしまった後などに。
Alt+マウスクリック マルチカーソルを追加する マウスポチポチして追加できるようになるだけでも大分マシに
Shift+Alt+左右方向キー 選択範囲を、ワード→行→ブロック→更に上のブロックといった感じに拡縮する 凄そうなので積極的に試したい
F2 シンボルのリネーム 変数命名で心変わりしたときに
Ctrl+Shift+M 警告やエラーのリストを表示 火消しをしてる時間のほうが長い
aoinu
にわかです
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした