Help us understand the problem. What is going on with this article?

1年くらいc++を書いたり読んだりしたのでメモを公開

自分メモを公開(c#やJavaの経験がある人向け)

自分は複数の環境でコードを書いている。実際, 挙動の違いがあるが面倒なので, できるだけg++でコンパイルした(__cplusplusは 201402L)結果を書くようにする。

constructorとdestructor

  • メモリの確保時にconstructorが呼ばれ, メモリの解放時にdestructorが呼ばれる

シンボル

  • 宣言
    • (型名*) : pointer declare
    • (型名&): reference declare
  • (宣言済の)変数
    • (*変数) : address -> value
    • (&変数): value     -> address

自動変数によるインスタンス

  • Color c;
  • メモリはstack領域に確保される
  • 変数宣言時にメモリが確保される
  • Color c = Color(); と書くと初期化していないメンバ変数がデフォルト値により初期化される(詳しくは知らない)
  • (Automatic storage duration objects)

newによるインスタンス

  • Color*c; c = new Color();
  • ポインタ型
  • メモリはheap領域に確保
  • (Dynamic storage duration objects)

stack over flow

  • stack領域を使いすぎるとstack over flowが起きる。メソッド内で使い終わる等でなければnewを使うことになる

メモリリーク(new/delete)

  • newを使った変数は, 不要になったときにdeleteする必要がある
    • (mallocを使わなければ, メモリリークはnewを使ったときだけのはず...)
  • OK
    • Color* c = new Color(); delete c;
  • ダメ(Leak)
    • Color* c = new Color(); c = 0;
    • void main(){ Color* c = new Color ; }
    • Color* c = new Color(); c = new Color(); delete c;

Array

  • arrayはstack領域(連続した領域)に作られる

  • a[3]*(a + 3)のsyntactic sugar

  • arrayのコピーはmemcpyかloopを使う

  • int* d = new int[5];のような書き方もある

    • この場合はheap領域に確保される(deleteもいる)
  • pointerとarrayは同じようなふるまいになる

int  a = 3;
int* b = &a;
cout << b  << endl; // address
cout << *b << endl; // 3
int* c = b;

int x[] = {3,4}; // 初期化
cout << x  << endl; // address
cout << *x << endl; // 3(先頭の値)
int* z = x;

struct

  • class はデフォルトのアクセシビリティがprivate
  • structはデフォルトのアクセシビリティがpublic
  • struct Table{int x} t0; // structの宣言と同時にインスタンスを作る
  • struct {int x;} t1; // 匿名のインスタンスが作れる
  struct person{ int x; int y;};
  person a {0, 123}; // 初期化
  person b = {}; // すべての値を0で初期化

static

class Test{public: static int x;};
int Test::x = 123; // 必須(↑では初期化できない)
int main(){cout << Test::x; /*123*/}

初期化

  • int x(3);int x = 3;と同じ
  • global変数は初期化していないとデフォルト値が入る
  • local変数やnewによるインスタンスのメンバ変数はコンパイラ依存の変な値になる
class Test
{
  public:
   int x; int y;
   Test(): x(4),y(9) {} // x, yの初期化
};

cast

  • dynamic_cast, static_cast, reinterpret_cast, const_castがある
  • c型cast (int) xも使える. (非推奨らしい)
  • あまり詳しくない

header(クラスの例)

a.h
class Foo
{
public:
 void test();
}; // class構文の終わりにはセミコロンがいる
a.cpp
#include "a.h"
#include <iostream>
void Foo::test(){std::cout << 123;} // メソッドの実装の終わりにはセミコロンがいらない
int main()
{
  Foo* foo = new Foo();
  foo->test(); // (*foo).test()のsyntactic sugar
  return 0;
}
  • メソッドの定義の部分で実装もできるし, headerとファイルを分けずに実装もできる
    • 1行メソッド的なのはheaderで実装したりする

文字(single character)

char c = 'a'

文字(string literal)

"abc"はstring literal

const char* c0 = "abc"; // ok;
char c1[]      = "abc"; // ok;
char* c2       = "abc"; // g++(201402L)環境ではコンパイルエラー
const char* const c3 = "abc";     // 定数
const char* c4       = "ab" "cd"; // 文字の結合

switch

  • fallthrough する
  • (たぶん)最後でないcaseの中でlocal変数を定義する場合は, {}でくくる必要がある

  • class A{friend class B;}; クラスBはAのprivateにアクセスできる
  • c#などのinterfaceはない
    • void virtual foo()=0;のように書くとinterfaceのような働きをする
  • メソッドの中で, classを定義できたりenumを定義できたりできる
  • extern 他のファイルで定義したglobal変数などをあるファイルで使うときに
aobon700
ソフトウェアエンジニア。ゲームたまにweb
https://scrapbox.io/dai-yamamoto/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした