devops
NoOps

「DevOpsとそのちょっと外側とNoOps(仮)」というタイトルでLTしてきた話

NoOps Meetup Tokyo #3」というミートアップで「DevOpsとそのちょっと外側とNoOps(仮)」をさせていただいたので、せっかくなのでせっかくなので、その内容を起こして置きたいと思います。


スライド

DevOpsとそのちょっと外側とNoOps(仮)


内容書き起こし


  • 本日のテーマ

    @amemoleeでgithubとかskypeとか登録している。今はアイコンのカエルがロゴになっている@enegaeru(エネがえる)というサービスに従事していてそのサービスを背景にお話する。


  • 今日の話すところ

    DevOpsのちょっと外側というのは、DevOps以外の技術外の部分、このあたり。具体的には次のスライドにあるとおり。


  • ローンチイベントまででひとサイクル

    プレスリリースがテーマ。弊社サービスも、この思想をイケてる思想として、乗っかっている。作りたいものもぶれないし、お客様がホントに喜ぶ部分を狙った開発ができる。


  • そして集客につながる

    実際さまざまな企業さんが、きっちりとPR活動までを行われており、それを追従すべきというのも思想としてある。開発した人がローンチからPRまでを”リード”することが弊チームではデファクトとなっている。開発した人がPRまで行うのが自然な流れとなっている。


  • しかしひとは限られている

    私達の組織では6人体制で事業と開発を回しています。お客様数で表現すると、100社強のお客様がお使いのサービス。PRは専門ではないため、多少ネガティブにはなる。


  • とはいえPRも強く意識している

    技術外の苦手な部分もやる必要があるので、時間や脳内シェアを開けている。意識をしたDevOpsバランスとなっている。


  • まずは技術を使ったDevOps

    技術的時間的、心理的な障壁を減らし、苦手なPRにも注力できるように進めた。ソース管理はもちろんgitとイシュー、ビルドやデプロイは codeベースでやっている、無停止も意識したいのでサーバーレスなしくみに乗っかっている、blue-greenデプロイはできている。 


  • そして少しづつNoOpsを入れて時間ができた

    少し時間ができ、PRのための時間に割り振ることができた。


  • さらに考えて、よい形を見つけた

    チーム全体のイベントにのっけるという策。営業メンバ手動のイベントに、サイトリニューアルと、DevOps案件をすべて合わせてみた。


  • そうすると以外と結果がでた。

    チームを巻き込んでPRが行えた。アウトプットできた。PRが無事に実現できた。これだなと感じた。


  • DevOps以外の外側の時間が増えた

    DevOps以外の部分を効率化することで、DevOps以外の時間が更に持てた。私にとってはNoOpsになった。


  • ということで結論とするならば

    勢いと巻き込みに成功すると、きれいなPRまでが行えた。なので日時と事前の雰囲気作りがとても大事だと感じた。

    さらには、DevOps以外の外側の部分は、もっともっと突き詰めていくのがよいのではないかと思った。


このような機会を頂き大変ありがとうございました。ビアバッシュが楽しかったです。

以上