Help us understand the problem. What is going on with this article?

macOS → Windows セットアップメモ

MacBook Pro から数年ぶりに Windows に戻ってきました。
新しいPCは Lenovo の ThinkPad T490 です。
スペックは 14inch Monitor, CPU:Core i7, Mem:32GBytes, SSD:512GBytes って感じ。
MacBook Pro を買うまでは ThinkPad 愛用者でしたのでトラックポイントを指が覚えてる、最高。タッチパッドは無効にしています。

その初期セットアップ手順をメモ。

主な使用用途

モバイル、Web系のソフトウェア開発が主です。使用技術は概ね以下の通り。

  • node.js: TypeScript/JavaScript でバックエンド(FaaS) の開発
  • Angular: TypeScript/JavaScript で Web フロントエンドの開発
  • AWS: Lambda, API Gateway, S3, EC2, DynamoDB など
  • C#(Xamarin, .NET): Android/iOS アプリの開発、Bot の開発 1
  • Kotlin: Android アプリの開発
  • PostgreSQL, SQL Server: だいたい RDB(プロトタイプでは Firestore も使う)
  • Java: Servlet, JSP などの開発

インストールするソフトウェア

開発ツール関連

ngrock

Chocolatey

SourceTree

  • ご存じ GUI Git クライアント
  • Win版はあまりよい評判を聞かないけどとりあえずこれでいく

Visual Studio Code

  • node.js, Angular などの開発はこれで。
  • 設定で Enable Preview の2つの項目はチェックを外しておく。プレビュー状態だと OPEN EDITORS からすぐに消えちゃうのがキライ。

VSCode のプラグイン

  • Debugger for Chrome - Webフロントエンドのデバッグに
  • Visual Studio Intelli Code - AI とやらで候補出してくれるやつ
  • Rainbow CSV - CSV ファイルの列を見やすく着色してくれる

Java

どうせ AWS が主なので Amazon Corretto を使うことにしました

環境変数 JAVA_HOME に、解凍先を指定。
Path に %JAVA_HOME%\bin を追加。

Android Studio

  • Android アプリ開発に使う
  • Kotlin たのしいれす
  • Android SDK はこれを基準にする

環境変数 ANDROID_SDK_HOME に、インストール先(例: %USERPROFILE%\AppData\Local\Android\Sdk)を指定。
Path に %ANDROID_SDK_HOME%\platform-tools を追加。

Visual Studio 2019

  • 今のところ Xamarin で Android/iOS アプリを作るのに使うだけ
  • 古い MacBook Pro を iOS アプリのビルドマシンにしてリモートビルドできる
  • しかも Remoted iOS シミュレータ で、「Windows で」「iOS アプリの」動作確認もできる(便利!)
  • Android SDK は入れずに、Android Studio が入れた SDK を参照する
  • msbuild.exe があるディレクトリ(例: C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio\2019\Enterprise\MSBuild\Current\Bin) に Path を通しておく

JetBrains Rider

  • https://www.jetbrains.com/rider
  • C#(.NET) の IDE
  • コードの書き味は実は JetBrains 系 IDE が好きなので。
  • Xamarin もメインはこっちでいきたい(iOS 版の動作確認は VS2019 使う)。

nuget

  • .NET プロジェクト用のパッケージマネージャ
  • Xamarin 製アプリの CLI ビルドに使う
  • https://www.nuget.org/downloads からダウンロードして適当なディレクトリに置き、Path を通しておく。

Eclipse

JetBrains DataGrip

nodist

  • https://github.com/nullivex/nodist
  • Windows 向けの Node.js のバージョン管理ツール
  • macOS では ndenv を使っていて、それと同じ .node-version ファイルを読んでくれるので。

node.js/npm

  • chocolatey 経由でインストールした(気がする)
  • node.js の global には AWS Lambda の実行環境 に合わせて v10.15.3 に。
  • TypeScript, Angular も global にインストール

Windows Terminal/コマンドプロンプト/PowerShell

まだ Preview だけど Windows Terminal を使っていこうと思う。既定のは PowerShell Core で。

repo を clone して regedit /s solarized-dark.reg を実行。

コマンドプロンプトは

cd %USERPROFILE%\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\System Tools

に移動して、

<cloneしたrepo>\Update-Link "Command Prompt.lnk" dark

を実行。Visual Studio 2019 をインストールすると「Developer Command Prompt for VS 2019」というコマンドプロンプトもできるので、そちらも同様に行う。

PowerShell も同じく、設定はコマンドプロンプトで行える。

例:

cd "%USERPROFILE%\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\Windows PowerShell"
C:\repo\cmd-colors-solarized\Update-Link.cmd "Windows PowerShell.lnk" dark

AWS CLI

macOS では ~/.aws/credentials にプロファイルが保存されているので、これを Win の %USERPROFILE%\.aws\credentials にコピーする(via 名前付きプロファイル - AWS Command Line Interface)。

Windows HyperVisor Platform

その他一般

ThinkPad のトラックポイントの速度設定

なぜかプリインストールされているOSを消して、USBから新規インストールしてしまったので、コントロールパネルにあるはずにトラックパッドの設定画面が表示されなくなってしまった。

のでレジストリを操作して回避。

Windows で MagicTrackPad2 を使う

まだ半分 macOS も使うので、キーボード、トラックパッドは mac のを使う。
Windows でも3本指ドラッグとか、2本指スクロールがしたいと思って、Magic Utilities を使うことにした。

年額 14.9$ だが、その価値はあると判断した。

Windows で Apple Wireless Keyboard を使う

ちょっと古めの Apple 純正 Bluetooth キーボード。
これを Windows で良い感じに使うまでが苦労した。

デバイスドライバーをインストール
  1. どうにかして keymagic64.inf を入手する(Bootstrap のサポートソフトウェアに入ってるとのことだったが、自分の場合そこにはなかった)
  2. keymagic64.inf をインストールする
  3. デバイスマネージャーの ヒューマン インターフェイス デバイス に「Apple Keyboard」が表れる

image.png

これで 英数 キーと かな キー が機能するようになった。
しかし、PCを再起動すると、「Apple Keyboard」が「Apple Wireless Keyboard」になってしまい効かなくなる。
その時は、その「Apple Wireless Keyboard」を削除し、「ハードウェア変更のスキャン」を実行すると、「Apple Keyboard」が復活する。
←Magic Utility で Magic Keyboard Utilities を削除したら解消した。

キーコンフィグの変更

KeySwap を使って下図のように。

image.png

  • 左右の Command キーを ctrl キーとして
  • control キーを 半角全角 キーとして
  • caps キーを Windows キー

にそれぞれ割り当てている。

Fn キーのロック

fn キーを押しながらでないと、F1 ~ F12 キーが "いつもの" 機能を果たしてくれないので、

を参考に下記レジストリを変更。

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\ControlSet001\Services\KeyMagic]
"OSXFnBehavior"=hex:00

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\KeyMagic]
"OSXFnBehavior"=hex:00

Google IME

macOS でも Google IME を使ってたので。

  • キーコンフィグは ATOK をベースに
  • スペースは常に半角
  • 「変換」キーで IME を 有効、「無変換」キーで IME を無効にするように

HotClip

クリップボード履歴。

ものすごく古いフリーウェアなのだけど昔から愛用している。
Windows 標準にも搭載された(Winキー+V)けど、PC再起動で消えちゃうので。
ホットキーは、Ctrl+S に履歴を、Ctrl+D に定型文呼び出しを設定するのがお気に入り。

MDIE

Explzh

EmEditor

  • https://jp.emeditor.com/
  • VSCode と併用する感じで。
  • CSV/TSV や巨大ファイルの扱いは VSCode を超える

Office 2019

  • まあ要るですよ

Skype

  • 捨てたもんじゃない、(非IT系の人も)みんな知ってるメッセージングソフト

  1. iOSアプリ開発もまだするけど古いMac+VS2019のリモートビルド+リモートiOSシミュレータを使う 

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away