Edited at

スケールが増減したときの名称を図でそれとなく覚える。


スケールについて

サーバーは、規模(スケール)の変化に応じて名称がついています。

AWSにはサーバーのスケールアウトとスケールインを自動で調節してくれる AWS Auto Scaling があるみたいで便利ですね。

それとなくまとめてみました。


スケールアップ

scaleup.jpg

サーバーの性能を向上させてサーバーそのもののパフォーマンスを向上させること。

CPUとかメモリのことですね。

1つのサーバーでしか処理ができない場合に有効です。

アップなので、性能が向上するイメージ。


スケールダウン

scaledown.jpg

サーバーの性能を低下させてサーバーそのもののパフォーマンスを低下させること。

コストを抑えたい場合に有効です。

ダウンなので、性能が低下するイメージ。


スケールアウト

scaleout.jpg

サーバーの台数を増やしてパフォーマンスを向上させること。

複数のサーバーに処理を分散させられる場合に有効です。

アウトなので、スケールが枠内から出る(増える)イメージ。


スケールイン

scalein.jpg

サーバーの台数を減らしてパフォーマンスを低下させること。

こちらもコストを抑えたい場合に有効です。

インなので、スケールが枠内に収まるイメージ。


垂直スケーリングと水平スケーリング

この4つは下記の表のように垂直スケーリングと水平スケーリングに分けられるようです。

垂直スケーリング
水平スケーリング

スケールアップ
スケールアウト

スケールダウン
スケールイン


終わりに

ITには覚えるべき用語が多いですね。それとなく覚えます。