Posted at

Arch linux にNaCl_SDKを入れる

More than 3 years have passed since last update.


Arch linux にNaCl_SDKを入れる

入れるだけ.メモ

https://developer.chrome.com/native-client/sdk/downloadのページに沿っただけ

wget https://storage.googleapis.com/nativeclient-mirror/nacl/nacl_sdk/nacl_sdk.zip

unzip nacl_sdk.zip
cd nacl_sdk
./naclsdk list #←ここでコケる

しょうがないので/etc/pacman.confでmultilibのコメントを外してsudo pacman -Syyしてsudo pacman -S lib32-glibcをしてもう一回.

するとpython3のせいでこけるので,sudo pacman -S python2してnaclsdkのpythonの所をpython2にしてやる.そうすると./naclsdk listがうまくいく.

./naclsdk list

./naclsdk update
./naclsdk list #(*)がついていなかったのでupdateはこれ以上いらないみたい

https://developer.chrome.com/native-client/devguide/tutorial/tutorial-part1でサンプルをコンパイルする

cd pepper_$(VERSION)/getting_started

make serve

python3のprintに括弧が必要になった罪は重い.

面倒くさいのでこの時だけデフォルトのpythonをpython2にする.(悪魔的動作)

sudo mv /usr/bin/python /usr/bin/python_

sudo ln /usr/bin/python2 /usr/bin/python

ls -al /usr/bin/python

lrwxrwxrwx 2 root root 9 3月 3 20:06 /usr/bin/python -> python2.7

ともかくこれで,/usr/bin/pythonがpython2になった.イェイ!

そして,高度に技術的なコマンドを打ち込んだら…

cd pepper_$(VERSION)/getting_started/part1

make serve

見事 http://localhost:5103 でNaClが動いてるのが見られるってわけ.