Edited at

Intel Euclidのリカバリ(初期化)方法

More than 1 year has passed since last update.

注意:

自己責任でこの手順をおこなってください。


この記事を読んでわかること

Intel Euclid Development Kitの工場出荷状態(?)に戻す方法。


この記事を読んでわからないこと

副作用。つまり、この操作をして、購入時とのEuclidと本当に変わらなくなるのか。失われる情報はないのかは謎。


手順概要


  • 以下のインテルフォーラムサイトからインストールイメージファイルをダウンロードする。

    https://communities.intel.com/external-link.jspa?url=https%3A%2F%2Ftinyurl.com%2Fy9wb43me


  • RufusでそのファイルをUSBメモリに焼く。このとき、MBR partition (中略)を選ぶ。

    https://rufus.akeo.ie/


  • F5連打しながらEuclidを起動。


  • BIOS画面が出たら、ESCを押し、Boot Managerではなく、Boot optionみたいなのを選択。起動順番を入れ替え、ubuntuを最後にする。設定を保存して再起動。


  • 起動スプライト画面にバージョン情報が書いてなければ、リカバリメディアの起動成功


  • ほっておくとライセンス確認ダイアログが出るので確認の上ACCEPTボタンを押す。


  • ほっておくとリカバリが終わる。途中で再起動が起きるかもしれない。



参考文献

[1] https://communities.intel.com/message/479790#479790

[2] https://tutorials.ubuntu.com/tutorial/tutorial-create-a-usb-stick-on-windows#1

需要があれば、背景とかを書くかも