Help us understand the problem. What is going on with this article?

tsconfig 日本語訳

More than 1 year has passed since last update.

探したけど、そのまま使えるものが、案外なかった。tsc --initで作成したものを機械翻訳。3.0.3。

tsconfig.json
{
  "compilerOptions": {
    /* 基本オプション */
    "target": "es5",                          /* ECMAScriptのターゲットバージョンを指定します: 'ES3'(デフォルト), 'ES5', 'ES2015', 'ES2016', 'ES2017', 'ES2018'または 'ESNEXT' */
    "module": "commonjs",                     /* モジュールコード生成: 'none', 'commonjs', 'amd', 'system', 'umd', 'es2015',または 'ESNext'を指定します。 */
    // "lib": [],                             /* コンパイルに含めるライブラリファイルを指定します。 */
    // "allowJs": true,                       /* javascriptファイルをコンパイルできるようにします。 */
    // "checkJs": true,                       /* .jsファイルのエラーを報告します。 */
    // "jsx": "preserve",                     /* JSXコード生成を指定する: 'preserve', 'react-native',または 'react'。 */
    // "declaration": true,                   /* 対応する '.d.ts'ファイルを生成します。 */
    // "declarationMap": true,                /* 対応する '.d.ts'ファイルごとにソースマップを生成します。 */
    // "sourceMap": true,                     /* 対応する '.map'ファイルを生成します。 */
    // "outFile": "./",                       /* 1つのファイルに連結して出力​​します。 */
    // "outDir": "./",                        /* 出力構造をディレクトリにリダイレクトします。 */
    // "rootDir": "./",                       /* 入力ファイルのルートディレクトリを指定します。 --outDirを使用して出力ディレクトリ構造を制御するために使用します。 */
    // "composite": true,                     /* プロジェクトのコンパイルを有効にする*/
    // "removeComments": true,                /* コメントを出力しません。 */
    // "noEmit": true,                        /* 出力を出力しません。 */
    // "importHelpers": true,                 /* Importは 'tslib'からヘルパーを出します。 */
    // "downlevelIteration": true,            /* 'for', 'spread', 'destructuring'のiterablesを完全にサポートします。 'ES5'または 'ES3'を対象としています。 */
    // "isolatedModules": true,               /* 各ファイルを個別のモジュールとしてトランスポートします( 'ts.transpileModule'に似ています)。 */
    /* 厳密な型チェックオプション */
    "strict": true,                           /* すべての厳密な型チェックオプションを有効にします。 */
    // "noImplicitAny": true,                 /* 暗黙の 'any'型で式と宣言のエラーを発生させます。 */
    // "strictNullChecks": true,              /* 厳密なヌルチェックを有効にします。 */
    // "strictFunctionTypes": true,           /* 関数型の厳密なチェックを有効にします。 */
    // "strictPropertyInitialization": true,  /* クラスのプロパティ初期化の厳密なチェックを有効にします。 */
    // "noImplicitThis": true,                /* 暗黙の 'any'型で 'this'式のエラーを発生させます。 */
    // "alwaysStrict": true,                  /* 厳密なモードで解析し,各ソースファイルに対して "use strict"を発行します。 */
    /* 追加チェック */
    // "noUnusedLocals": true,                /* 未使用のローカルのエラーを報告します。 */
    // "noUnusedParameters": true,            /* 未使用のパラメータのエラーを報告します。 */
    // "noImplicitReturns": true,             /* 関数内のすべてのコードパスが値を返さない場合,エラーを報告します。 */
    // "noFallthroughCasesInSwitch": true,    /* switchステートメントのfallthrough caseのエラーを報告します。 */
    /* モジュール解決オプション*/
    // "moduleResolution": "node",            /* モジュール解決戦略を指定する: 'node'(Node.js)または 'classic'(TypeScript pre-1.6)。 */
    // "baseUrl": "./",                       /* 非絶対モジュール名を解決するためのベースディレクトリ。 */
    // "paths": {},                           /* 'baseUrl'に相対的な参照位置にインポートを再マップする一連のエントリ。 */
    // "rootDirs": [],                        /* 結合コンテンツが実行時にプロジェクトの構造を表すルートフォルダのリスト。 */
    // "typeRoots": [],                       /* タイプ定義を含むフォルダのリスト。 */
    // "types": [],                           /* コンパイルに含める宣言ファイルを入力します。 */
    // "allowSyntheticDefaultImports": true,  /* デフォルトのエクスポートがないモジュールからのデフォルトのインポートを許可します。これはコードの出力には影響しません。型検査だけです。 */
    "esModuleInterop": true                   /* CommonJSモジュールとESモジュール間の相互運用性を,すべてのインポート用に名前空間オブジェクトを作成することで可能にします。 「allowSyntheticDefaultImports」を暗示します。 */
    // "preserveSymlinks": true,              /* シンボリックリンクの実際のパスを解決しません。 */
    /* ソースマップオプション */
    // "sourceRoot": "",                      /* デバッガがソースの場所の代わりにTypeScriptファイルを探す場所を指定します。 */
    // "mapRoot": "",                         /* デバッガが生成された場所の代わりにマップファイルを配置する場所を指定します。 */
    // "inlineSourceMap": true,               /* 別のファイルを持つ代わりに,ソースマップで単一のファイルを出力します。 */
    // "inlineSources": true                  /* ソースをその内部のソースマップと一緒に出力します。
  } //,
  // "files": [],                             /* tsconfig.jsonに 'files'または 'include'プロパティがない場合、コンパイラはデフォルトで 'exclude'で指定されたディレクトリとサブディレクトリ以外のすべてのファイルを含むようにします。が指定されている場合、それらのファイルと 'include'で指定されたファイルのみが含まれます。 */
  // "exclude": [],                           /* コンパイルから除外するファイルのリストを指定します。 'exclude'プロパティは 'include'プロパティに含まれるファイルのみに影響し、 'files'プロパティには影響しません。 */
  // "include": [],                           /* コンパイルに含めるファイルと一致するグロブパターンのリストを指定します。tsconfig.jsonに 'files'または 'include'プロパティがない場合、コンパイラはデフォルトで、 'exclude'で指定されたサブディレクトリ以外のサブディレクトリ。TypeScriptバージョン2.0以降が必要です。例:"src\/**\/*" */
  // "compileOnSave": true,                   /* このプロジェクトでコンパイル時保存を有効にする */
  // "extends": "",                           /* 継承元の基本構成ファイルへのパス.TypeScriptバージョン2.1以降が必要です。 */
  // "typeAcquisition": {                     /* このプロジェクトの宣言ファイル(.d.ts)取得オプション。Type 2.1以降のバージョンが必要です。 */
  //   "enable": false,                       /* 宣言ファイルの自動取得を有効にする */
  //   "include": [],                         /* 宣言ファイルの自動取得から除外される型宣言のリストを指定します。例:[\"jquery\",\"lodash\"]  */
  //   "exclude": []                          /* 宣言ファイルの自動取得に含める型宣言のリストを指定します。例:[\"jquery\", \"lodash\"] */
  // },
  // "references": [                          /* "参照されたプロジェクト。TypeScriptバージョン3.0以降が必要です。 */
  //   {
  //     "path": ""                           /* 参照されたtsconfigまたはtsconfigを含むフォルダへのパス。例:"..\/core\/" \"compilerOptions\"に\"composite\": true, \"declaration\": true が必要。\"outDir\": \"../../lib/bar\", \"strict\": true, \"module\": \"esnext\", \"moduleResolution\": \"node\"が関係する。 */
  //   }
  // ]
}

リポジトリはこちら
https://github.com/alchemylove/tsconfig.3.0.3.git

※tsconfigとしては使えるけど、コメントはinvalid JSONなので注意。
※2018/9/20 compilerOptions以外の部分も追加しました。
※2019/3/16 altさんの指摘でsyntax hilightがrubyになってたのでjsに変更。JSONかな?と思いましたが、invalidなのでjsのが適切なようです。ありがとうございます。

alfas
美味そうなモノだけちょっとずつかじってみる人生。 My life for enjoy many wonderful things a little.
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした