Windows10のPleiades(PyDev)でGUI上からpipできるようにする

More than 1 year has passed since last update.


はじめに

普段はペチパーですので、初心者向けPython開発環境を無料で整えるには、Pleiadesさんしかないかととりあえずインストールしてみたんですが、どうせならGUIでpipしたいよねってことでメモります。


この投稿のゴール

下記の環境を構築して、eclipseのGUI上からpipを使ってライブラリをインストールできるようにする。

name
version

Windows
10

Eclipse
4.7 Oxygen

Python
2.7.14

setuptools
28.8.0

Pip
9.0.1


Pleiades Pythonをインストール

http://mergedoc.osdn.jp/

から下記のように選んでzipをダウンロードします。

image.png

downloadフォルダでZIPを開くとpleiadesってフォルダがあるので、Cドライブにドラッグ&ドロップしましょう。

image.png

3万個程度の合計2G程度のファイルたちがコピーされるので、気長にお待ちください。

C:\pleiades\eclipse まで移動してeclipse.exeをダブルクリックしましょう。

image.png

初回はごにょごにょ何かしら動いて、こんなんでますが、チェックを付けて起動してください。

image.png

選択された変更を適用をクリックしてください。

eclipseの画面が起動したら、とりあえず成功です。

image.png


Pythonの設定

設定を開きます。

推奨設定をやっておくといいことがあるかもなので、やっておきましょう。

image.png

Pythonといえば、豊富なパッケージってことで、ここでがつがつインストールすっぞ!と思ったら、動かないんですよ。。

image.png

そこで下のURLを右クリックして名前を付けてリンク先を保存を選んでください。

https://bootstrap.pypa.io/ez_setup.py

今回は、python2系の環境ってことで、C:\pleiades\python\2へ移動し、保存します。

image.png

C:\pleiades\python\2のフォルダまで移動して、下記のようにPowerShellを開いてください。

(コマンドプロンプトでもいいですので、2のフォルダへ行ってみてください。)

image.png

.\python.exe .\ez_setup.py --insecure

と入力して、Enterを押します。

image.png

....

Processing dependencies for setuptools==33.1.1
Finished processing dependencies for setuptools==33.1.1

みたいになって止まったら、立て続けに

.\Script\easy_install.exe pip

と入力して、Enterを押します。するとこんな感じで終われば成功です。

image.png

Eclipseに戻ると、こんなんが出てたら、選択された変更を適用してください。

image.png

設定のパッケージのインストール画面に行くと、パッケージが追加されとります。

image.png

ためしに、データ分析したいねってことでpandasってのを入れてみます。

下記の手順のようにinstall Pandas って入力して実行すると、簡単にパッケージがインストールできるようになりました。

image.png


おわりに

ほんとはpython入門記事でも書こうと思いましたが、力尽きました。。