Help us understand the problem. What is going on with this article?

【2020年度版】Struts2の入門系記事まとめ

はじめに

業務系プロジェクトでは未だに現役で動いていることもあるStruts2さん。
2020年のこのご時世にまさか自分が触ることになろうとは…。

まったく触ったことがないのでHelloWorldをやってみた。
割と最近まとめてくれている優しい方がいたので触る分には困らなかった。
参考になった記事を紹介する。

自分のスペック

  • Java経験が4年くらい
  • Webシステム開発は1年くらい
    (SpringBootは分かる。新人の頃にSpringMVCも使っていたがよくわからない)
  • ぶっちゃけサーブレットとJSPはあんまり分からない

APIの開発はできるけど、テンプレートを使うやり方がよく分かってない。

環境情報

  • Windos10
  • Eclipse : 2019-12(Pleiades All in One)
  • XAMPP : XAMPP for Windows 7.3.11
  • Java : 1.8.0_221
  • Struts : 2.5.22(最新)

参考記事集

  • 【超初心者向け】Struts2超入門 - 2018年版 - Qiita
    これ見れば終わり。
    全部書いてくれている。2018年度版らしい。
    違っていたのはバージョンくらいかな?
    とりあえずこれ読んで触ってみれば、会社に行っても話が通じないレベルは脱せられそう。
    記事ではallを使っているが、自分が構築したときは最小構成(min)のStrutsで起動できた。

  • Apache Strutsプロジェクトへようこそ
    Strutsの公式ページ。
    ドキュメントやチュートリアルがある(チュートリアルやってないけど)。
    もちろんダウンロードもできる。

  • Struts2 を手動でwarファイルにしてデプロイするには - Qiita
    eclipseでは実行できるけど、他の環境へのデプロイは分からないプログラマにならないために。
    プロジェクト構成が違ったのか、記事のjarコマンドだけだとclassesがデプロイできなかった。
    ただ構成ツリーをサンプルで記載してくれているので合わせたらできた。

  • 2014年度版 Eclipse + Struts2 による Java Web アプリ開発入門 | CYOKODOG
    流し読みしかしていないが、1番上の記事の方が参考にされていた。
    サンプルページがあって参考になる。

作ってみたプロジェクトのソース

おわりに

SpringBootの方が簡単に作れるので、メインフレームワークとして使う気は今のところないがなんとなく触りは理解できた。
レガシーで情報がないことを覚悟していたが、概要をまとめてくれている記事があって本当に助かった。
なので自分も現在の最新状態で作れることを記事として残しておくことにした。
有用なリンクが他にあればぜひコメント等で教えていただけると幸いです。

aky100200
Javaが書けるようになりたい。おじさん。
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした