Help us understand the problem. What is going on with this article?

コードヘルス - YAGNIの匂いを消せ

この文書はCode Health: Eliminate YAGNI Smellsの翻訳です。

ソフトウェア開発の主なコストは保守にある。 保守コストを下げるひとつの方法は、実際に必要になるまで実装しないというもので、これはYAGNI (You Aren't Gonna Need It, そんなの必要ないって)原則として知られている。 不要なコードをどうやって見つければよいだろうか?

コードの臭い とはデザイン上の欠陥を大抵の場合、示すコードパターンのことです。例えば、基底クラスやインタフェースをサブクラスが1つしかなくても作るのは、より多くのサブクラスがこの先、必要となると見越してのことだろう。しかし、そうせずに反復型開発とデザインを実践しよう: そのサブクラスは本当に必要になるまで追加しないで。

次のC++コードは多くのYAGNIの匂いがする

class Mammal { ...
  virtual Status Sleep(bool hibernate) = 0;
};

class Human : public Mammal { ...
  virtual Status Sleep(bool hibernate) {
    age += hibernate ? kSevenMonths : kSevenHours;
    return OK;
  }
};

一つのクラスだけしか実際には必要ないにも関わらず、メンテナーは両方のクラスを理解し、ドキュメント化し、テストする責任がある。コードはhibernate(冬眠)がtrueの場合を処理しなくてはならないが、実際にはすべての呼び出しではfalseである。また、Sleepは(Status型が返り値であるため)エラーを返すかもしれないが、実際にはそれは起きない。これにより決して実行されない不要なコードを生む。こういった匂いを消し去ることはコードを簡単にする:

class Human { ...
  void Sleep() { age += kSevenHours; }
};

さらに他のYAGNIの匂い

  • コードがテストからしか実行されない。(コードはdead on arrivalともいわれる1
  • クラスがサブクラスを持つようにデザインされている(仮想メソッド、protectedメンバーなどを持つ)が、実際にはサブクラスを持たない。
  • publicやprotectedのメソッドやフィールドだが、privateにできる
  • パラメータや変数やフラグが常に同じ値をとっている

ありがたいことに、YAGNIの匂い(および一般的なコードの匂い)は単純なパターンを探すだけで見つかることが多く、単純なリファクタリングによって消すことができる。

今日使われないコードを追加しようと考えている?信じてほしい、そんなの必要ないって!


  1. はじめて聞きました。 

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした