Help us understand the problem. What is going on with this article?

Dockerを使ったSpringboot/KotlinとMySQLの一番シンプルな接続方法

ローカルにあるのSpringboot/KotlinとDockerコンテナ上のMySQLを接続します。

環境

Docker: 18.09.2
Springboot: 2.1.5
Kotlin: 1.3.31
MySQL: 5.7.26

docker-compose.ymlの作成

まずはMySQLのDockerコンテナをサクッと立てます。
ファイルの作成場所はプロジェクトのディレクトリ直下にしましょう。

docker-compose.yml
db:
  image: mysql:5.7
  ports:
    - "3306:3306"
  environment:
    MYSQL_DATABASE: sample_sql //今回はsample_sqlというdatabaseを作成します。
    MYSQL_ROOT_USER: root
    MYSQL_ROOT_PASSWORD: root

わかりやすくするため、最低限のことしか書いていません。

applocation.propertiesの編集

プロジェクト名/src/main/resourcesにあるapplication.propertiesを編集します。
作成直後は空だと思いますので、次のコードを入力しましょう。

application.properties
spring.datasource.url=jdbc:mysql://127.0.0.1:3306/sample_sql
spring.datasource.username=root
spring.datasource.password=root

spring.datasource.urlはどこにあるデータベースと接続するのかを指示するものです。
jdbc:mysql://127.0.0.1:3306/sample_sqlは127.0.0.1:3306で接続しているDockerコンテナの中のsample_sqlというデータベースを参照しています。
ここであらかじめsample_sqlが作成されていないとエラーが出るので注意しましょう。

参考文献

docker-composeでMySQL5.7を起動して接続してみた
Spring Bootでデータベースに接続する
Spring Boot Reference Guide
SpringBootからDockerコンテナのMySQLに接続する方法
Kotlin Webアプリケーション 新しいサーバサイドプログラミング

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした