Edited at

そのGoolge広告、ITP2.0に対応していますか?-チェックリスト-


そのGoolge広告、ITP2.0に対応していますか?

JavaScriptで生成したクッキーの保存期間が短くなるITP2.1。

しかしその前に、ITP2.0に対応していなければ、そもそも話になりません。

チェックリストを用意したので確認してみてください。

こちらもどうぞ(Google公式です):

Google 広告のコンバージョンをトラッキングする方法


0. 自動タグ設定はONになっていますか?

◆YES => 1へ

◆NO => 有効にしてください!

[理由] 自動タグ設定を有効にすることで、gclidという広告ID(google click id)がURLに付与されます。このなかに「Google広告アカウント、キャンペーン、キーワード、広告そのもの」などのデータが含まれています。

auto-taggin.PNG

このgclidをもとに、グローバルサイトタグ or Googleタグマネージャーのコンバージョンリンカーが、ITPに対応するためのファーストパーティークッキー(_gcl_awや_gac)を生成します。ということはこれはONでなくてはスタートラインに立てません!

参考:

Google公式: Google 広告の自動タグ設定が正常に機能するか確認する

実際にとある広告をクリックしたときのURL:

http://activamedia.com.my/?keyword_k=google%20ad&gclid=Cj0KCQjwwODlBRDuARIsAMy_28UWNdRZ0QL2NDI2Im627SMLAlVQ30qewTrdHWzNeUzJunzX8-RZuW4aAuAqEALw_wcB


1. 広告をクリックしてから、実際のランディングページまでにリダイレクトはありますか?(PCサイト->スマホサイトのリダイレクト含む)

◆NO => 2へ

◆YES => リダイレクト後にもgclidは残っていますか?

[確認方法]

 1.リダイレクト前のURLに「?gclid=TEST」(もし、?がURLにすでにある場合は、「&gclid=TEST」)を付与

 2.リダイレクト後にも「?(&)gclid=TEST」が残っていればOK

  ◆gclidはリダイレクト後にもある => 2へ

  ◆gclidがリダイレクト後ない... =>

  ・リダイレクトを発生させない

        OR

   ・ダイレクト時に? or & gclid=...が引き継げるよう設定を変更してください。

    (理由は0をお読みください。)

Google公式: Google 広告の自動タグ設定が正常に機能するか確認する


リダイレクトがサーバーサイドの設定によって発生している場合は、リダイレクトが発生しないようサーバーの設定を変更します。方法はウェブサーバーによって異なります。たとえば Apache サーバーの場合は、.htaccess ファイルでリダイレクトの設定を行います。リダイレクトを回避できない場合は、リダイレクトの際に gclid などのクエリ パラメータが最初の URL から最終ページ URL に渡されるよう、サーバーを設定します。たとえば、自動タグ設定を使用している最終ページ URL が www.example.com/redirecting-page?gclid=TeSter-123 であれば、ユーザーのリダイレクト先が www.example.com/new-url?gclid=TeSter-123 になるようにします(ページの URL は変化しているものの、glid パラメータはそのままである点に注目しましょう)。


[確認方法]

・「ランディングページ」の一覧を見ても、リダイレクトがあるかどうかわかりません。

↓は最終のランディングページのURLしか見れない。

キャプチャ1.PNG

「広告と広告表示オプション」=>「広告」から、トラッキングテンプレート(Tracking Template)を確認!

※スマホサイト専用URLの指定は「Use a different URL for mobile」をチェック

aaaa.PNG

※[参考] Redirect Path

このプラグイン使えば、どこでgclidが消えたか一目でわかります!


2. グローバルサイトタグ、もしくはGoogleタグマネージャーにて、コンバージョンリンカーを作成し、全ページで動作していますか?

◆YES => 3へ

◆NO =>

 全ページに導入がGoogle推奨です。少なくとも

 ・すべてのランディングページ

 ・コンバージョンを動作せるページ

 ・ドメインの切れ目のページ

 には必ず必要です。全ページに導入しましょう。

[理由]

・グローバルサイトタグかコンバージョンリンカーが、全ページに必要な理由は、「個人情報の持ち方のルールが厳しいSafariでも、削除しないファーストパーティクッキー(_gcl_aw)を生成し引き継いで、正確にコンバージョン計測をするため」です。 こいつらがクッキーを作ったり運んだりしているんですね。すごく重要なポイントです。

参考: 結局のところ、gtag / グローバルサイトタグとはなんなのか


3.ファーストパーティクッキー(_gcl_aw)は作られていますか?

[確認方法]

1.Sugoi Cookies: gclidテスタープラグインをダウンロード

2.gclid=...に適当な文字列を入れて「GO!」

3.コンソールにて「_gcl_aw」が確認できればOK

◆YES=> 4へ

◆NO => コンバージョンリンカーがあるかどうか、トリガーは間違っていないか、JSエラーがでていないかを確認しましょう。


4. クロスドメインはしていませんか?(=ランディングページとコンバージョンが発火するページのドメインは一緒ですか?)

◆YES=> 5へ

◆NO => 【ITP 2.0】Google広告でクロスドメインのコンバージョン計測をするためのTODO


5. iFrameからコンバージョン動作させていますか?

◆NO=> 6へ

◆YES => ・iFrameからコンバージョンを動作させない

    ・もしくは、postMessage(Mozzilaに飛びます)で、

    親ドメインからコンバージョンを発火させられる仕組みを作りましょう。

[理由]

・クッキーはドメインに紐づきます。いくら同じページのように見えても、親のページとiFrame内は全く違うページ扱い。iFrameは親ページのクッキーにアクセスできません。

・どれだけ一生懸命コンバージョンを動作させようとしても、iFrame内のドメインは「いつ、どの広告・どのキャンペーン・どのキーワードで広告クリックしたか」、知る由もありません。 

・iFrame: コンバージョンのタイミングで以下を動作

const msg = JSON.stringify('iframe_conversion'); // たとえば

window.parent.postMessage(msg, 'https://exampleA.com'); //親のドメインをここに

・iFrameをもっている親のページにて以下を導入

window.addEventListener('message', function(e){

const origin = e.origin;
let data = e.data;
// JSON parse できるかチェック
if(!IsJsonString(data)){
return;
}
// 目当てのiFrameからのメッセージであることを確認
data = JSON.parse(data);
if(origin.indexOf('www.theIframe.com')!=-1){
// メッセージ自体の確認
if(data==='iframe_conversion'){
// GTMの場合 - カスタムイベントを発火
dataLayer.push({'event':'iframe_conversion'});
// gtagの場合 - イベントスニペット発火
// gtag('event','conversion','AW-..../....')l
}
}
});

function IsJsonString(str) {
try {
JSON.parse(str);
} catch (e) {
return false;
}
return true;
}


6. Yahooタグマネージャー使ってますか?

◆NO=> 7へ

◆YES => Yahooタグマネージャーで、「Google広告の設定タグ」のような形でタグを設定すると、Yahoo独自の解釈のリマーケティングタグやコンバージョンタグが入ります。(= HTTP通信ができるだけのもの) これはITPに対応できません。

TODO:

スマートカスタムタグ(カスタムHTML)で、Google推奨の「グローバルサイトタグ」と「コンバージョンイベントスニペット」を導入しましょう。

※すべてのページでグローバルサイトタグ、サンクスページで「グローバルサイトタグ + コンバージョンイベントスニペット(順番重要です)」を導入してください。


7. コンバージョン自体は動作していますか?

◆YES=> おめでとうございます!やったぜ。

◆NO => あと少しです!トリガーの修正やJSエラーがないか確認しましょう。

参考: Googleタグアシスタント(https://chrome.google.com/webstore/detail/tag-assistant-by-google/kejbdjndbnbjgmefkgdddjlbokphdefk?hl=ja) コンバージョン動作確認はこれで。

以上です!ありがとうございました。