Help us understand the problem. What is going on with this article?

ThingWorxの開発者ポータルサイトにアカウントをつくり、試用版サーバーインスタンスを立ち上げる

More than 1 year has passed since last update.

ThingWorxとdeveloper Portalの紹介

PTC社が提供しているIoTプラットフォームThingWorxは、WebベースのIoTアプリケーションを開発できる便利なサーバーソフトですが、売り物かつそれなりのお値段がするらしいので、お小遣いで買ってみることはなかなか厳しいです。

さすがにPTC社もわかっているのか、体験版サイトを用意してくれてます。それがThingWorx Developer Portal です。
image.png
アメリカのソフトウェア企業なので、当然のように英語表記のみ。
たかがアカウント登録と侮るなかれ、おもてなしが欠けていて躓く方が出ているようなので、登録方法を説明します。

ThingWorx developer portalでできること

評価用のクラウドサーバーインスタンスを30日間利用できます。またダウンロード版は120日間利用可能です。
ThingWorxを理解するために必要となるQuickstartやHowto、Tutorialが数多く用意されています。

必要なもの

  1. パソコン(Windows、Mac、Linux いずれもOK)
  2. ブラウザ :ChromeかFireFox 推奨
  3. TCP 443番ポートにアクセスできる通信環境
  4. アカウント登録に必要となる情報:名前とメールアドレスと所属組織名

※クレジットカードなど支払い情報は必要ありません(2018年10月現在)

アカウント登録とサーバーインスタンス起動

  1. https://developer.thingworx.com/にアクセスし、画面右上の”Sign Up”をクリックします。
    image.png

  2. アカウント作成画面でメールアドレスとパスワードを入力し、条件を確認の上、チェックをいれて”Submit”をクリックしてください。
    image.png

  3. メールボックスを確認してください。以下のメールが届いていたら、”Verify Address”をクリックしましょう
    image.png

  4. ログイン後、"Manage Your Profile"にて詳細情報を入力します。*のある項目が必須というのは罠で、すべての項目の記入が必須となっているようです。
    image.png

  5. 画面右側の人型アイコンをクリックして"View Hosted Server"をクリックすると表示される”Your Evaluation Server”ページで”Create Server”ボタンを押すと、サーバインスタンスが作成されます(数分から10分間ほどかかります)
    image.png

  6. サーバインスタンスのURLが表示されますので、ブラウザからアクセスできるかどうか、確認してみましょう。※URLは、登録者様ごとに異なります。
    IDは”Administrator”、パスワードは”Copy to clipboard”をお使いください。
    インスタンス作成後、”Launch”ボタンをクリックすることでもアクセスできます。
    image.png

  7. ThingWorx Composerの画面が表示されれば成功です
    image.png

サーバーインスタンスが立ち上がった後は

せっかくの30日間の無料期間を無駄にしないよう、さっそくThingWorxを体験しましょう。
画面上部の"Resources"→"Projects & Guides"にすすむと、いろいろなシナリオが用意されています。
筆者のおすすめは Get Started with ThingWorx for IoT です。
image.png

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした