LoginSignup
3
3

More than 5 years have passed since last update.

Vuforia Studio 無料試用版のちょっと困ったところ

Last updated at Posted at 2019-04-02

Vuforia Studio 無料試用版

PTC社のARコンテンツソリューションVuforia Studio には、体験版が用意されています。
https://studio.vuforia.com/ でアカウント登録すると、ARコンテンツの作成と配信ができるVuforia Studioを30日間、無料で利用できます。
お、これは面白そうと思って試しているのですが、少し踏み込んでIoTで機器をつないでデータを表示させようとして罠にかかりました。

Vuforia StudioとThingWorxの関係

Vuforia Studioは、次の3つで構成されています。

  • デスクトップOSにインストールするARコンテンツのオーサリングツール: Vuforia Studio
  • スマートフォンに配信するためのクラウドサービス:Experience Service
  • スマートフォンなどデバイスにインストールするARビューアーアプリ:Vuforia View

このうちExperience Serviceに同じPTC社のIoTプラットフォームである ThingWorx foundationを接続することで、機器のセンサーデータをARコンテンツにリアルタイムで表示できるのです。

Vuforia Studio 試用版に付属のThingWorx

開発者向けポータル developer.thingworx.comにRaspberry Piを使ってAR+IoTのデモを作成するシナリオがあったので、てっきり好きなようにThingWorxも操作できるものだと思い込んでました。
しかしながら、世の中そこまで甘くない。

ワナその1:記載されているURLが間違っている

開発者ポータルのシナリオに書かれている、ThingWorxにアクセスする際のURLが間違っていました(汗)
正しくは、以下の通り。
<Experience ServerのURL>/Thingworx
※ Webサイトには、:8443 がかかれていますが必要ありません
ちなみにURLが分からない場合は、インストールしたVuforia Studio(オーサリングツールのほう)の右上メニューから設定を選択。
image.png
ダイアログが開くので「デフォルトの Experience Service URL」をコピペすればOKです。
image.png

ワナその2:ThingWorxの編集権限が無い

試用版のVuforia StudioのためのExperience Serviceに接続されたThingWorx(ややこしい)には、閲覧権限しかありませんでした(涙)。
シナリオにあった Raspberry Piデモ用のThingや、ApplicationKeyはあらかじめ用意されていて、そのまま使うことしか許されていません。プロパティの追加すらできないという厳しさ。
image.png
ThingWorxのThingのリスト表示画面。Editボタンがむなしくグレイアウトしています。

補足: ThingWorxそのもの試用版とは別物

さらにややこしいのですが、同じ開発者ポータルにあるThingWorx Foundationの試用版には、編集権限があるのです。
こっちをつないでくださいよ〜、という心の声がボストン(PTCの本社)に届くことを願っています。

今回はここまで。またね。

3
3
0

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
  3. You can use dark theme
What you can do with signing up
3
3