VB.Net
RPA
UiPath

UiPathでの自動化ロボット作成時によく使った、 VB.Net まとめ

UiPath で自動化ロボットを作成しているうちに、
調べたVB.Netのコードやらをまとめていこうと思います。
都度追加していきます。
分かりづらいと思います。
ごめんなさい;
また、ミス等がございましたら、
指摘をいただけると幸いです。

(ご指摘してくださった方、
どうもありがとうございました!)
 
○○は変数名と思ってください。
基本的にString型ですが、
その他の型の場合は
○○の後に[]で囲んで表記します。
 



日付関連

その日の日付を取得

DateTime.Now.Date.ToString("yyyy/MM/dd")
例)DateTime.Now.Date.ToString("yyyy.MM.dd.ddd")
  ⇒"2018.04.11.Wed"

時間を取得

System.DateTime.Now.ToString(“hh.mm.ss”)

その日の曜日を取得、また日本語表記にする

DateTime.Now.Date.ToString("ddd",New Globalization.CultureInfo("ja-JP"))
例)DateTime.Now.Date.ToString("dddd",New Globalization.CultureInfo("ja-JP"))
  ⇒"金曜日"

和暦表示

C [CultureInfo型] = New CultureInfo("ja-JP")
jP [JapaneseCalendar型] = New System.Globalization.JapaneseCalendar
C.DateTimeFormat.Calendar = jP
DateTime.Now.Date.ToString("ggyy"c)
例)⇒平成○○

月の末尾

year [Integer]
month [Integer]
DateTime.DaysInMonth(year,month).ToString

年と月を指定する。

翌月以降の取得

dayM[DateTime型] = DateTime.Parse(Now.Date.ToString("yyyy,MM"))
○○ = dayM.AddMonths(▲).Tostring("yyyy/MM")

▲には数字が入る。
翌月の月が知りたい場合は1を、
再来月の場合は2を入力する。

文字列編集関連

部分一致

○○.Contains("▲▲")
True or False で返ってくる。

前方一致

○○.StartsWith("▲▲")
True or False で返ってくる。

後方一致

○○.EndWith("▲▲")
True or False で返ってくる。

空白を削除する

文字列の先頭から、末尾までにある空白を削除
○○.Trim

改行を消す

○○ = ○○.Replace(Chr(13), "").Replace(Chr(10),"")

文字の変更

○○.replace("▽","▲")
例)text = "あいうえお"
  text.replace("い","~")
  ⇒"あ~うえお"

文字の一部取得

○○.Substring(▲,△)
括弧内に入るのは数字。
文字列の▲番目から△文字取得するという意味になる。
因みに一文字目は0番目である。

例)text = "あいうえお"
  text.Substring(2,3)
  ⇒"うえお"

文字の番号を指定し、それ以降の文字を取得

○○.Substring(▲)
例)test = "あいうえお"
  test = test.Substring(2)
  ⇒ "うえお"

文字を配列型にする

○○ = " 文字列 , 文字列 , 文字列 "
▲▲[String[]型] = ○○.Split(","c)
文字列を区切るものを""内に書く。

例)text[String] = " リンゴ 、ゴリラ 、 ラッパ "
  TEXT[String[]] = text.Split("、"c)
  ⇒TEXT(0) = "リンゴ"
   TEXT.Count.ToString = "3"

文字列の中に、指定した文字が含まれているか。また何番目にあるのか。

○○.IndexOf("▲▲")
何文字目に指定の文字が存在するのかを確認できる。
指定の文字がない場合は0以下を示す。
例)test = "あいうえお"
  test.IndexOf("う").ToString
  ⇒"2"

型関連

Int型に変換

New Integer.Parse(○○)

文字か数字かの判別

IsNumeric("123").ToString
⇒ True
IsNumeric("あいうえお").ToString
⇒ false

UiPath関連

改行

Environment.NewLine
Message box 等で使用