Help us understand the problem. What is going on with this article?

Unity で Automatically manage signing を行う

はじめに

Unity & Xcode でビルドを作成する際に毎回忘れてしまう署名関連の備忘録として残しておこうと思います。

Manual or Auto

『Certificates, Identifiers & Profiles』の署名関係のファイルなどを Xcode だけで出来るようになっています。
以前までは自前でポータルサイトにログインしてそれぞれのファイルを作成していましたが、今はそれが不要になっています。
エンタープライズ版の場合は * アスタリスクでどのアプリでも利用することができたのですが、今はそれを行う必要がなく Unity を利用する場合は Preferences と PlayerSettings に設定するだけです。

注意

Automatically manage signing を行う場合にポータルで同じ Bundle ID のプロビジョニングプロファイルなどの作成はしないようにしてください。もし、同じ Bundle ID が存在すると競合してしまいエラーになります。

Unity 側の設定

Unity 側には二箇所設定する項目があります。

Preferences の設定

まずは Preferences ですが『Xcode Default Settings』という設定がありますが、それぞれ以下のような値を設定します。

  • Automatically Sign にチェック
  • Signing Team Id にポータルの Team ID を指定
  • iOS/tvOS の Manual は利用しないのでそのまま

image.png

Team ID はポータルのアカウントで『Membership』に記載されています。

image.png

PlayerSettings の設定

次はプロジェクトごとの PlayerSettings です。
『PlayerSettings > Other Settings > Identification』で以下のような値を設定します。

  • Bundle Identifier に Bundle ID
  • Signing Team ID に Team ID を指定
  • Automatically Sign にチェック

image.png

Xcode Default Settings の値と同じにします。
まぁ、設定しなくてもデフォルト設定が利用されると思うのですが…。

ビルド

Unity の設定を行いビルドを行います。
生成された Xcode プロジェクトを開いて『Signing & Capabilities』の設定を見るとちゃんと設定がされています。

image.png

ポータル側も以下のように証明書、プロファイルがそれぞれ登録されています。

『Certificates,Identifiers & Profiles > Certificates』にはビルドを実行した端末が登録されています。
image.png

『Certificates,Identifiers & Profiles > Identifiers』には『XC <Bundle ID>』という ID が登録されます。
例えば『com.aaa.BBB』とした場合『XC com aaa BBB』という感じの ID です。
image.png

おわりに

とりあえず毎回忘れてしまう署名関連の処理。
Unity を使えば Unity の設定だけで済みますのでかなり楽になります。

一度 Manual ではなく Auto でビルドすることを検討してみてください。

akiojin
プログラマー (Scrum Alliance認定スクラムマスター (CMS)) 2011年株式会社クラウドクリエイティブスタジオを設立。アーケード筐体/コンシューマ機/携帯端末を問わず、特にオンラインを主としたリアルタイム対戦タイトルの開発を得意とする。
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした