Linux
インストール
Linux_Mint
vmware_player

LinuxMintをインストール(in VMwarePlayer)

More than 1 year has passed since last update.

つい最近、LinuxMintというUbuntu派生のディストリビューションが世界的に多く使われているということを知りました。

何がいいんだろうと思い、試しにVM環境にインストールしてみました。


環境

ホスト:Windows 10 Pro

VMソフト:VMware Workstation 12 Player 12.5.5

LinuxMint:18.1 Serena (Ubuntu 16.04 LTS ベース)


ダウンロード


公式サイトからISOファイルをダウンロード

https://www.linuxmint.com/

2017-05-18_07h20_26.jpg

メニューのDownload > Linux Mint 18.1 をクリック

2017-05-18_07h21_08.jpg

選択肢がCinnamon、MATE、Xfce、KDEとあります

これらはそれぞれデスクトップの種類が異なります

私はCinnamonの64-bitを選択


ダウンロード元を選択

2017-05-18_07h22_38.jpg

Download mirrorsのリストにあるリンクをクリックするとダウンロードが始まります

日本のミラーは無いのでEvoWise CDNを選択しました


VMwareの準備

※特に変わった設定はしていないので、ここは飛ばしてもいいです。

2017-05-18_22h40_48.jpg

VMwarePlayerを起動して、新規仮想マシンの作成をクリック

2017-05-18_07h30_49.jpg

インストーラディスクイメージファイルのラジオボタンを選択し、

ダウンロードしたISOファイルを指定

2017-05-18_07h31_02.jpg

LinuxMintはUbuntu派生ディストリビューションなので、Ubuntu 64ビットを選択

2017-05-18_07h31_58.jpg

仮想マシン名は適当に

2017-05-18_07h33_21.jpg

ディスク容量もデフォルトのまま

2017-05-18_07h35_06.jpg

公式ではメモリ512BM以上、1G推奨とあるので、ちょっと余裕をもたせて2024MBを指定

ネットワークはNAT

2017-05-18_07h35_27.jpg

完了したら仮想マシンを起動


ディスクから起動

2017-05-18_07h36_18.jpg

起動直後、10秒経つと進みます

2017-05-18_07h38_06.jpg

起動が終わるとインストーラーが起動するかと思ったらデスクトップ画面が表示されました

LinuxMintはインストールメディアがLiveCDになっているのですね

左下にあるオレンジと青のアイコンをクリックするとFirefoxが起動し、ネットを見ることができます。面白い

Install Linux Mintのアイコンをダブルクリックしてインストーラを起動


インストール

2017-05-18_07h46_13.jpg

言語を選択。日本語はリストの一番下にあります。

2017-05-18_07h54_13.jpg

サードパーティ製のソフトウェアをインストールするか聞かれます。デフォルトはOFFですが、ONにして続けます

2017-05-18_07h54_57.jpg

インストール先ディスク構成の設定。デフォルトのまま進みます

2017-05-18_07h56_00.jpg

パーティション構成の説明をされます

2017-05-18_07h56_31.jpg

タイムゾーンの設定。最初からTokyoが選択されていました

2017-05-18_07h56_52.jpg

キーボードの選択。リストの下にあるテキストエリアで試し入力ができます。デフォルトのままで問題ありませんでした。

「キーボードレイアウトを検出」ボタンを押すと「この文字を入力してみて」という指示が出るので、その指示に従ってキーを入力すると最適なキーボード種類が選択される、はずですが、ベトナム語とかになってしまいましたので、日本語に選びなおしました

2017-05-18_07h57_23.jpg

ユーザ名とコンピュータ名を入力

2017-05-18_20h42_15.jpg

インストールが完了するまでしばらく待ちます

インターネットに接続されていれば言語パッケージをダウンロートし、インストール直後から日本語が入力できるようになります

LiveCDなのでインストール中でもコンソールを開いたり、Firefoxでブラウジングなどできます

2017-05-18_20h45_45.jpg

インストール完了後、再起動します

クリップボード52.png

Enterキーを押すと再起動


ログイン

2017-05-18_20h47_14.jpg

名前をクリックするかF1キーを押してからユーザ名を入力

2017-05-18_20h47_54.jpg

パスワードを入力してログイン

2017-05-18_20h48_58.jpg

無事ログインできました

半角/全角キーで日本語入力切替えもフツーに使えました

2017-05-20_18h44_50.jpg

初期状態で6.1G使用していますね


設定


アップデートマネージャ

LinuxMintにもパッケージ更新の仕組みがあります

アップデートしないまま使うのは危険ですので、何はともあれアップデート

盾のようなマークをクリックし、アップデートマネージャを起動します

2017-05-20_17h51_44.jpg

最初にアップデートポリシーを選択します

LinuxMintの運用チームにより決められる各アップデートのレベル(1~5まであり数字が大きいほど影響度が大きい)を、どのレベルまでアップデートするか3つのポリシーから選択します

※ポリシーは後からでも変えられます

ポリシー
説明

Don't break my computer!
レベル4,5のアップデートをリストから非表示にする

Optimize stability and security
レベル4,5をリストに表示するがデフォルトではアップデートしない

Always update everything
全て表示、すべてデフォルトON

2017-05-20_17h52_02.jpg

次にミラーサーバーの選択

アップデートのダウンロード元をより速いサーバに変更します

近くのミラーサーバーに変更しますか?の右にあるOKボタンをクリック

2017-05-20_17h52_29.jpg

ミラー>メインの右にあるボタンをクリック

2017-05-20_17h54_39.jpg

サーバの一覧が表示され、しばらく待っていると速度の速い順に並び替えられてゆくので、リストの先頭を選択してApplyボタンをクリック

2017-05-20_17h56_59.jpg

同じように基本のボタンをクリック

2017-05-20_17h57_16.jpg

キャッシュをアップデートボタンをクリックし、右上にある×ボタンを押して画面を閉じます

アップデートマネージャの画面でメニューバーの「アップデートをインストール」ボタンをクリック

2017-05-20_17h59_37.jpg

アップデート完了後リストが更新され、再び「アップデートをインストール」ボタンをクリック

レベル5のkernelはアップグレードがOFFになっていますね

アップデート後、ディスク使用量は7Gになりました


画面サイズ

初期状態だと画面サイズは800x600と狭いのでもっと広いサイズに変更します

2017-05-19_00h03_09.jpg

右下の、メニュー>設定>Displayをクリックします

2017-05-19_00h03_51.jpg

リストからちょうどよい広さの画面を選択し、Applyボタンをクリック

問題がなければ、この設定のままにするボタンをクリック


chrome入れてみた

2017-05-20_19h22_14.jpg

Firefoxでchromeのwebサイト"https://www.google.co.jp/chrome/ "に行き、「chromeをダウンロード」ボタンを押し、続けて「同意してインストール」ボタンを押し、GDebiパッケージインストーラで開く

2017-05-20_19h23_45.jpg

パッケージをインストールをクリック

2017-05-20_19h27_05.jpg

メニュー>インターネット>Google Chrome から起動できます

2017-05-20_19h29_00.jpg


VMware Tools入れてみた

LinuxMint用のVMware Toolsは提供されていませんが、Ubuntu用のVMware Toolsを入れてみたところ、以下の機能が使えることを確認しました


  • ホストとドラッグドロップ

  • 画面の自動リサイズ

  • ドラッグドロップでのホスト-ゲスト間のファイルコピー

  • クリップボードの共有