Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
21
Help us understand the problem. What is going on with this article?
@akimaru86

夜にネットが遅くなっていたのがパブリックDNSに変更して改善

More than 3 years have passed since last update.

きっかけ

夜になると自宅のインターネット速度が異常に遅くなるという症状が続いていました。
遅くなるどころかWebサイトへのアクセスがタイムアウトしてしまうこともしばしば。

ChromeでWebサイトにアクセスすると左下に「ホストを解決しています」というメッセージが出続けるのが気になり、
nslookupで適当なドメインを検索してみるとタイムアウトが発生
どうやらプロバイダのDNSサーバが重たいようです

プロバイダが提供するDNS以外にも、googleなどがパブリックDNSを公開しているので、
そちらを使えばこの問題は解決するのではないかと思いました。

Google Public DNSの情報

Google Public DNSの公式ページに記載されていますが、
IPv4とIPv6両方のDNSサーバを提供しています。

IPv4

  • 8.8.8.8
  • 8.8.4.4

IPv6

  • 2001:4860:4860::8888
  • 2001:4860:4860::8844

設定を変える前にベンチマークしてみた

ネットを調べてみると、Google以外にもパブリックDNSを公開しているところがあるようで、
どのDNSが速いかベンチマークするソフトがあったので試してみました。

Domain Name Speed Benchmark

ダウンロードしたexeファイルを起動すると、DNSサーバのリストを取得するまで少し待ちます。
取得し終わると「Nameservers」タブの「Run Benchmark」ボタンが押せるようになるので、クリック。
「Run Benchmark」ボタン左のゲージがMAXになれば終了です。

自宅で試した結果がこちら。
2017-06-08_23h10_21.png
googleが最速ではありませんでしたが、十分速そうなのでこちらに切り替えてみることにしました。

複数のPC/スマホがあってもルータの設定でOK

自宅にはWinが2台、スマホが2台あり、それぞれのDNS設定を変えるのは面倒ですが、
ルータがDNSフォワーダーになっていますので、
ルータの設定を変えるだけで済みました。

機種はRT-S300SEです。

基本設定 > 接続先設定(IPv4 PPPoE) > [ 接続先の選択設定 ]で接続中のセッションをクリック
image.png

接続先設定(IPv6 PPPoE) も同じように設定
image.png

効果

早朝に比べるとまだ遅い気はしますが、タイムアウトが発生することはなくなりました。

そもそも夜遅くなるプロバイダのDNSサーバっていかがなものでしょう。
大手プロバイダなのに・・・

21
Help us understand the problem. What is going on with this article?
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away

Comments

No comments
Sign up for free and join this conversation.
Sign Up
If you already have a Qiita account Login
21
Help us understand the problem. What is going on with this article?