Python
pyenv

【Python】pyenv pyenv-virtualenvの使い方

インストールから基本的な使い方まで

インストール

下記のコマンドを実行

$ brew install pyenv
$ brew install pyenv-virtualenv 

併せてPathを通す為に、~/.bash_profileに下記内容を追記する

export PYENV_ROOT="$HOME/.pyenv"
export PATH="$PYENV_ROOT/bin:$PATH"
eval "$(pyenv init -)"
eval "$(pyenv virtualenv-init -)"

追記し終わったら source ~/.bash_profile を実行し、環境変数を適用させる

仮装環境作成

まずpyenvでpythonをインストールする
下記コマンドはpython 3.6.3をインストールする例

$ pyenv install 3.6.3

次に、pyenv-virtualenvで環境を区切る
下記コマンドでは、python 3.6.3 の piyoという名前の環境を作る

$ pyenv virtualenv 3.6.3 piyo

作成した仮装環境一覧は pyenv versions で確認できる

$ pyenv versions
* system(set by /Users/sample/.pyenv/version)
  3.6.3
  3.6.3/envs/piyo
  piyo 

仮装環境適用

現在のディレクトリに仮想環境を適用する場合

$ pyenv local piyo

環境が適用されたかどうかは pyenv version で確認できる

$ pyenv version
piyo (set by /Users/sample/.pyenv/version)

全体の環境に仮装環境を適用する場合

$ pyenv global piyo

一時的に仮装環境を適用する場合

$ pyenv activate piyo

一時的に適用した仮装環境を外す場合

$ pyenv deactivate

仮装環境をアンインストールする場合

$ pyenv uninstall piyo

余談

local で環境を適用した場合、そのディレクトリに.python-version というファイルができる。
その中に仮装環境名が記載されている。