Help us understand the problem. What is going on with this article?

C#のusingとnamespaceとは?

C#でHello Worldしたときに、usingとかnamespaceって何?と思ったので書いておきます。
既にC#の環境がある方は最初の[準備]は飛ばしてください。

[準備]C#でHello Worldを表示する

まずは、C#の動作環境を整えます。
VS Codeと.NET Core SDKを使いました。
(環境のセットアップは https://qiita.com/555443/items/55bfe07b45477bfc6e3a を参照)

コンソールでdotnet new consoleを実行すると以下のコードが生成されました。

Program.cs
using System;
namespace Sample
{
   class Program
    {
        static void Main(string[] args)
        {
            Console.WriteLine("Hello World!");
        }
    }
}

そして、dotnet runを実行するとHello World!と無事に表示されました。

それぞれ何をしているのか

では、本題のusingとか、namespaceって何なのかを見ていきましょう。

namespace

C#のプログラムの構造は、外側からネームスペース、クラス、メソッド、変数…という形で構成されています。つまり、各クラスは一つのネームスペースに属していると言えます。また、今回のclass ProgramはnamespaceがSample内で定義されているということですね。ネームスペースを指定するというのは、他のネームスペースにある同じクラス名と混ざらないようにする仕組みなのです。
(以下の画像は @IT / 連載:C#入門 より引用)

C#プログラムの構造

using

上記でネームスペースの役割を述べました。では、usingの役割はというとそのプログラム内で用いるネームスペースを宣言することです。
プログラム内でConsole.WriteLine("Hello World!")を使って何気なくHello World!の出力が実現されていますが、プログラム内にConsoleクラスやWriteLineメソッドは宣言されていません。しかし、using System;によってSysteのネームスペースの利用を宣言することで、その中ではSystemのネームスペースに存在するクラスを利用することができるのです。


参考記事
Visual Studio Codeを使い、C#の開発環境を途中まで整える
第2回 ネームスペースとクラス

aki-1227
DWC2019/11新宿
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした