Help us understand the problem. What is going on with this article?

Oracle SQL Developerで時刻を表示する

More than 3 years have passed since last update.

スクリーンショット 2016-06-08 9.32.38.png
Oracle SQL Developerで日付までではなく時刻まで表示する方法についてです。Mac版です。

デフォルトだと日付型のカラムは日付までしか表示されません。
スクリーンショット 2016-06-08 16.09.45.png

時刻の部分まで表示するにはどうすればいいのか調べてみると、だいたい以下の情報がヒットします。

メニューから ツール > プリファレンス を選び、ダイアログを開く。
左の一覧から データベース > NLS を選ぶ。

ただ、メニューに「ツール」というものはありません。代わりに以下の手順で変更します。

まずPreferencesをクリックします。
スクリーンショット 2016-06-08 16.09.58.png

するとこんなのが出てきます。で、日付書式がYYYY-MM-DDになっていると思います。
スクリーンショット 2016-06-08 16.09.28.png

これを例えば'YYYY-MM-DD HH24:MI:SS'にしてOKをクリックします。
スクリーンショット 2016-06-08 16.13.47.png

これで時刻まで表示されます。
スクリーンショット 2016-06-08 15.54.49.png

ちなみにこの書式についてですがこちらの記事に書かれているものが使えるようです。
今回使用した'YYYY-MM-DD HH24:MI:SS'の場合は

YYYY=4桁の西暦
MM=月を2桁で表す(00~12)
DD=日にちを2桁で表す (01~31)
HH24=24時間表記で時間を表す(00〜24)
MI=分を表す(00~59)
SS=秒を表す(00〜59)

となります。

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away