search
LoginSignup
23

More than 5 years have passed since last update.

posted at

updated at

最新のバージョンのGitをソースコードからインストールする

この記事はGitがインストールされていない。
あるいは、古いバージョンのGitがインストールされている人を対象にしています。

Gitのバージョンを確認する

ここから最新のバージョンのGitを確認します。
(2014/09/04のGitの最新のバージョンは1.9.0)

以下のコマンドを実行してGitのバージョンを確認します。

input
git --version

コマンドが見つからなかったり、
以下のように古いバージョンのGit表示されればアウトです。

output
git version 1.7.1

libcurlをインストールする

libcurlがインストールされていなければ、
Gitでhttps通信を行うときに以下のエラーが出ることがあります。

output
fatal: Unable to find remote helper for 'https'

Gitをインストールする前に入れておかないと、
Gitを再インストールする必要があるため、先に入れておきましょう。

以下のコマンドで見つかれば飛ばしてOKです。
※curlは違うので注意!

input
yum list installed | grep libcurl-devel

インストールします。

input
yum install -y curl-devel

Gitをアンインストールする

既に古いバージョンのGitがインストールされていれば削除します。
インストールされていない人は飛ばしてOKです。

yumの場合

input
yum remove -y git

ソースコードの場合(ソースコードのあるフォルダで)

input
make uninstall

Gitをダウンロードする

ソースコードを置くディレクトリに移動します。
(追加するアプリケーションは/usr/localディレクトリに置くのが一般的です)

cd /usr/local/src

同じくここから最新のバージョンのGitのダウンロードリンクのURL確認し、
ダウンロードします。

input
wget https://git-core.googlecode.com/files/git-1.9.0.tar.gz

ダウンロードしたファイルを解凍します。

input
tar zxvf git-1.9.0.tar.gz
rm git-1.9.0.tar.gz
cd git-1.9.0

Gitをインストールする

configureスクリプトを実行してインストール設定を行います。
ここではprefixオプションでインストール先のディレクトリを指定しています。

input
./configure --prefix=/usr/local/

「zlib.hがありません」と言われたら、
zlib-devel.x86_64をインストールしてください。

input
yum install -y zlib-devel.x86_64

「Makefileが作れません」と言われたら、
perl-ExtUtils-MakeMakerをインストールしてください。

input
yum install -y perl-ExtUtils-MakeMaker

makeコマンドとmake installコマンドでインストールします。

input
make
make install

最後にGitのバージョンを確認して終わりです。

input
git --version
output
git version 1.9.0

ソースコードが入っているディレクトリはアンインストール(make uninstallコマンド)するときに使用するため削除しません。

参考URL

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
What you can do with signing up
23