Help us understand the problem. What is going on with this article?

5年目に突入したFukuoka.phpのこれまでとこれから #fukuokaphp

More than 3 years have passed since last update.

このエントリーは、IT勉強会/コミュニティ運営 Advent Calendar 2016の14日目の記事です。

@k1LoWになんだか煽られたので書きます。


@tomzohさん巻き込んでごめんなさい。6日目のエントリー、ありがとうございました!!


Fukuoka.phpとは

福岡で始まったPHPにフォーカスした勉強会です。
2012/05/23(水)にVol.1を開催しているので、5年目に入りました。
運営の中心は私(@akase244) とVAddy Advent Calendar 2016を頑張っている@cakephperの2人で、他にも数名運営メンバーがいます。
2014年まではわりと2ヶ月に1回くらいのペースでしたが、去年は諸事情あって1回しかできませんでした。
なので、今年の6月以降は2ヶ月に1回ペースでの開催を心がけています。

URLなど

立ち上げのきっかけ

立ち上げ当初、PHPの勉強会がなかったから。これに尽きます。
やるぞーと声を上げてから開催までの流れはこのまとめを見てもらうとなんとなく雰囲気が伝わるかと。(Togetterにアップしてた画像が軒並み見れなくなってるのが残念な感じですが)

運営のコツ

これについては昨日までのエントリーでほとんど代弁してくれていて、実はあまり書くことがないです。
あえて上げるとするなら、同じ思いを持った主催を2人以上集めることですかね。やっぱ負荷分散大事です。
当然1人でできないこともないんですけど、理想は2人以上です。フワッとした運営メンバーがたくさんいてもうまくいきません。
あくまで「この勉強会を続けていきたい」と思っている人と一緒にやっていくのが継続していくコツだと感じています。
そういった意味で言うと、このFukuoka.phpはかなり成功している方ではないかと思っています。

あとは、「Togetterでまとめを作ること」でしょうか。
理由としては、参加できなかった人に「こんな雰囲気で勉強会をやっているんだ」、「こんな内容を話しているんだ」、「楽しそう、次こそは参加したい」と思ってもらえればなという気持ちからです。
立ち上げた際もTwitterがきっかけだったので、個人的にツイートは大事にしたいという思いがなんとなくあります。

ふりかえり

つい先日の開催で、20回目を迎えることができました。
勉強会を継続して運営するのはホントに大変ですが、この勉強会のおかげで色んな方と知り合いになれたし、これまでの活動をきっかけにPHPカンファレンス福岡を開催することもできたし、個人的には転職にもつながったし、わりといいことばかりでした。
なので、これからも引き続きこの勉強会はやっていくつもりです。それと、もし私と同じように「勉強会やカンファレンスを立ち上げる」といった話を聞いたらぜひ応援したいですし、サポートとかできたらなと思っています。

あ、そうそう、来年もPHPカンファレンス福岡やりますよ!


来年はYAPC::Fukuokaもあるみたいですし、楽しみですね!!


全記録

イベントページに目を向けるだけでも、ATND → Zusaar → Doorkeeper → connpassと変遷していて時の流れを感じます。
開催場所でいうとFusicさんにお世話になりっぱなしですね。いつも本当にありがとうございます。(Fusicさんは私が「勉強会」というものに初めて参加した思い出の場所なので、実は浅からぬご縁があったりします。)

タイトル 開催場所 まとめ 募集人数
Fukuoka.php Vol.1 デジタルハリウッド福岡校 http://togetter.com/li/382267 40人
Fukuoka.php Vol.2 ギルドカフェコスタ http://togetter.com/li/382284 33人
Fukuoka.php Vol.3 paperboy&co. 福岡支社 http://togetter.com/li/382026 30人
Fukuoka.php Vol.4 ギルドカフェコスタ http://togetter.com/li/398486 30人
Fukuoka.php Vol.5 ~ Ato no Matsuri ~ 株式会社Fusic 福岡本社 http://togetter.com/li/417383 16人
Fukuoka.php Vol.6 株式会社Fusic 福岡本社 http://togetter.com/li/463445 15人
Fukuoka.php Vol.7 祝1周年 株式会社Fusic 福岡本社 http://togetter.com/li/510686 17人
Fukuoka.php Vol.8 株式会社Fusic 福岡本社 http://togetter.com/li/526292 20人
Fukuoka.php Vol.9 ~PHP Matsuri 2013 報告会~ 株式会社Fusic 福岡本社 http://togetter.com/li/548275 19人
Fukuoka.php コードリーディング 株式会社Fusic 福岡本社 6人
Fukuoka.php Vol.10 ~PHPカンファレンス2013 & WordCamp Tokyo 2013報告会~ デジタルハリウッド福岡校 http://togetter.com/li/571812 41人
Fukuoka.php Vol.11 ~NO PHP DAY~ クリエイティブセンター福岡 http://togetter.com/li/596193 34人
Fukuoka.php Vol.12 ~KUROI GAMEN~ ヨカラボ天神 http://togetter.com/li/634819 26人
Laravel勉強会福岡 〜Fukuoka.php企画〜 株式会社Fusic 13人
Fukuoka.php Vol.13 ~PHPとWebセキュリティについて~ 株式会社グルーヴノーツ http://togetter.com/li/659390 16人
Fukuoka.php Vol.14 ~Trick or PHP~ クリエイティブセンター福岡 http://togetter.com/li/734082 36人
Fukuoka.php Vol.15 ~忘年会~ 株式会社サイバーエージェント 福岡オフィス 20人
PHPカンファレンス福岡2015 福岡ファッションビル http://togetter.com/li/840239 135人
Fukuoka.php Vol.16 ~忘年しすぎてすみません~ 株式会社Fusic本社 http://togetter.com/li/907723 30人
PHPカンファレンス福岡2016 福岡ファッションビル 総合 Fusicホール Dホール 165人
Fukuoka.php Vol.17 ~Rebooted~ 株式会社Fusic本社 30人
Fukuoka.php Vol.18 ~PHP縛りなしのLT大会~ Nulab http://togetter.com/li/1021605 35人
Fukuoka.php Vol.19 株式会社Fusic本社 http://togetter.com/li/1039490 30人
Fukuoka.php Vol.20 株式会社Fusic本社 http://togetter.com/li/1057945 31人
akase244
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした