yeoman
babel

yeomanを使ってBabel Pluginを書く環境を1コマンドで構築する

More than 1 year has passed since last update.

個人的には、環境構築が一瞬で出来るのでyeoman好きなのだけど界隈ではすでに廃れてものとして扱われています。
が、実際便利なので、今回はそのYeomanを使ってBabelPlugin環境構築を構築します。

インストール

$ npm install --global yo @akameco/generator-babel

akameco/generator-babel
Scaffold out a Babel Plugin

使い方

$ mkdir babel-plugin-for-me
$ cd babel-plugin-for-me
$ yo

yoを叩くと、インタラクティブにジェネレーターを選択できるので、@akameco/babelを選んでください。

これだけで、BabelPluginの雛形とテスト環境の完成です。
他には、floweslint,flow,prettier,jestなどの設定やBabelのビルド設定も終わっているので、あとは、コードを書くだけです。

おっと、publishする際にはpackage.jsonから@akamecoから自分の名前に変更してくださいね。

フォーク

もしかすると、構成が気に食わないかも知れません。
その場合は、フォークして変更してください。

akameco/generator-babel
Scaffold out a Babel Plugin

おわりに

yoを使ってBabel Pluginの作成環境を構築する方法を紹介しました。
Babel Pluginがもっと増えるといいですね。

簡単なプラグインはいくつかQiitaで紹介しています。
参考にしてください。

面接でFizzBuzzを書けと言われたときにすべきこと
https://qiita.com/akameco/items/d2851fd4868f833c8040

JavaScriptのfloatで正確な比較を行う
https://qiita.com/akameco/items/019e1a0875ad236e859c