Help us understand the problem. What is going on with this article?

JavaScriptの基本箇所についての復習①(console.log()と関数)

はじめに

JavaScript(以下js)の復習をやっているので、知識の定着を兼ねて、
最初歩の部分をまとめてみます。
jsのコードについて記載しているので、html部分の説明はありません。
別途投稿します。

内容

最終的には、LINEのような非同期通信について語りたいですが、
まずはjsで関数を作れるようにしたいと想います。

実行

まずは一番簡単な文字の出力です。

basic.js
console.log("hello.world");

rubyで言えばputsにあたり、
()内の文字を表示する事ができます。
今回の場合は'hello.world'と表示されます。

変数を使用する場合は、

basic.js
var word = "hello.world";
console.log(word);

jsの変数定義は、文頭に'var'をつけます。
'var'がついている所は変数定義しているとわかるので、長いコードの中でも見つけやすいです。
これで、'word'の中身を変えるだけで表示される内容を変えられるようになりました。

次に関数です

basic.js
function Hello(){
  console.log("hello.world");
}

関数の基本形は

basic.js
function 関数名(引数){
  処理名;
}

となっており、今回の関数は、
Helloは'hello.world'を表示する
というものになります。

終わりに

最初の文の説明記事を作成することにより、自分への知識定着を図りました。
同時に、もしも自分のように「jsを超基礎から勉強したい・し直したい」という方に参照いただければ幸いと思います。

次の記事では、引数を使ったjsの書き方について投稿したいと思います。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした