search
LoginSignup
1

More than 1 year has passed since last update.

posted at

Organization

RHEL8&JBossEAPを爆速で試す

お疲れ様です。今日はJBossEAPを試してみようと思います。
JBossを触ろうと思ったんですが、今はコミュニティ版としてはWildFlyで、エンタープライズとしてJBossEAPなんですね。
せっかくなんで、JBossEAPでいきます。
自分用のメモみたいなところもあるので、読みづらい箇所は必要に応じてコメント欄にて聞いてください。

全三回のシリーズを予定しており、この回は前提となる環境構築となっております。
予定は未定ですが、何とか完走したいと思います。

  1. RHEL8&JBossEAPを爆速で試す(イマココ)
  2. サンプルアプリのデプロイで動かしてみる
  3. モダンな開発環境を手に入れる

前提

  • 動作環境

    • すべて無料でやります。
    • 環境はWindowsを利用しますが、別にMacでもできます。
  • Red Hat Enterprise Linux Developer Suite に参加していること

    • これは、RHEL8やJBossEAPを利用する前提になっています。無料で参加できるので是非参加してください。開発者用途に限り無料で利用できます。
  • VMWare Player ( WorkStation ) がインストールされていること

    • これももはや一般の方も利用されていると思いますが、私が好きなのでVMWareで。Macの方はVirtualBoxでもいいかと。

RHELインストール

  • 以下からイメージをダウンロードしてください。

    • RHEL
      • 今回は特に希望がないので最新版のRHEL(8.4)を利用します。isoイメージをダウンロードしてください。

  • 適当にVMWareを起動し、先ほどダウンロードしたISOを指定して起動させます。(最近は簡易インストールで相当楽になりましたね・・・)
  • ちょっとコーヒーでも飲んでるとRHELのインストール終わります。楽でいいですね。

JBossEAPインストール

  • 基本的に、ガイドを読みながらやっていけばできてしまいます。簡単ですね。

  • では、起動したRHELにJBossEAPをダウンロード、インストールしてきましょう。

    • JBossEAP
      • これまた特に希望ないので、Beta版ではない最新版の7.3をダウンロードします。(お手軽Zip版でいきます。)

  • ダウンロードが完了したら、ここからはrootでいくつか作業をしてきましょう。 (今思うと、ユーザ作成は不要だった。。。やらなくてよし。)
console

# rootへsu
[user@localhost ~]$ su - 
Password: 
[root@localhost ~]# 

# なんとなくStaffグループ作成(とりあえずなら実施不要)
[root@localhost ~]# groupadd staff
[root@localhost ~]# 

# なんとなくjboss-userを作成(とりあえずなら実施不要)
[root@localhost ~]# useradd jboss-user -g staff
[root@localhost ~]# 


# ダウンロードしたファイルを解凍
[user@localhost ~]$ unzip jboss-eap-7.3.0.zip 
~~~略~~~

# ダウンロードしたファイルを移動
[root@localhost ~]# mv ./jboss-eap-7.3 /opt/
[root@localhost ~]# 

# カレントディレクトリをJBossHOMEにする
[root@localhost ~]$ cd /opt/jboss-eap-7.3/

# コンソール用ユーザを作成する。
[root@localhost bin]# ./bin/add-user.sh

# マネージメントユーザとして登録
What type of user do you wish to add?
 a) Management User (mgmt-users.properties)
 b) Application User (application-users.properties)
(a): a

# ユーザ名を指定
Enter the details of the new user to add.
Using realm 'ManagementRealm' as discovered from the existing property files.
Username : jbossuser

# 別のドメインに接続できるようにするか、については適当にYesで応答
Is this new user going to be used for one AS process to connect to another AS process?
e.g. for a slave host controller connecting to the master or for a Remoting connection for server to server EJB calls.
yes/no? yes
To represent the user add the following to the server-identities definition <secret value="*******" />
[root@localhost bin]#

# Webコンソールでのユーザ作成が完了。

# スタンドアローンモードで起動
[root@localhost jboss-eap-7.3]# ./bin/standalone.sh 

=========================================================================

  JBoss Bootstrap Environment

  JBOSS_HOME: /opt/jboss-eap-7.3

  JAVA: java

~~~略~~~

08:02:12,257 INFO  [org.jboss.as] (Controller Boot Thread) WFLYSRV0051: Admin console listening on http://127.0.0.1:9990
08:02:12,257 INFO  [org.jboss.as] (Controller Boot Thread) WFLYSRV0025: JBoss EAP 7.3.0.GA (WildFly Core 10.1.2.Final-redhat-00001) started in 6849ms - Started 315 of 577 services (369 services are lazy, passive or on-demand)

# 起動完了

マネージメントコンソール

上記まででインストールは完了してるんですが、せっかくなのでWebコンソール見てみましょう。

image.png

おわり

本日はここまで。こう見るとインストールだけなら本当に楽ですね。
まだ何もしてないので、次回はアプリをデプロイして遊んでみます。

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
What you can do with signing up
1