Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationEventAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
0
Help us understand the problem. What are the problem?

More than 1 year has passed since last update.

@aini_bellwood

Siv3Dでデバッグ用のテキスト表示をうまいことやる方法

Siv3DではPlintln()でテキストの簡易表示ができます。
テキストの簡易表示 1

この簡易表示はClearPrint()で削除するまで画面に残り続けますが、
ClearPrint()実行時には全ての簡易テキストが削除されます。

毎フレーム更新される情報を表示したい場合、

# include <Siv3D.hpp>

void Main()
{
    while (System::Update())
    {
        ClearPrint();
        Plintln(hoge0);
        Plintln(hoge1);
        Plintln(hoge2);
    }
}

と書くことで、スッキリと表示させることができます。

デバッグに必要な情報を表示する手段として、このPlintln()は便利な関数ですが、
毎フレーム更新したい情報とそうではない情報が混在するとき、困ったことになります。

ClearPrint()を使うと全ての簡易テキストが削除されてしまうため、
毎フレームClearPrint()を呼ぶと、1フレームしか簡易テキストが表示されなくなったりします。

# include <Siv3D.hpp>

void Main()
{
    int a = 0;

    while (System::Update())
    {
        ClearPrint();
        Plintln(L"aaa");
        Plintln(L"111");

        if(a % 10 == 0){
            Plintln(L"bbb");
        }
        a++;
    }
}

そこで、このようなクラスを作ります。

#pragma once
# include <Siv3D.hpp>

class DebugPrint
{
private:
    std::unordered_map<String, String> m_VariableMap;
    std::unordered_map<String, int> m_UpdateFrameMap;

public:
    DebugPrint(){
        m_VariableSetMap.clear();
        m_UpdateFrameMap.clear();
    }
    ~DebugPrint();

    void SetVariable(String id, String variable) {
        m_VariableMap[id] = variable;
        m_UpdateFrameMap[id] = System::FrameCount();
    }
    void Draw() {
        ClearPrint();
        for (auto& v : m_VariableMap) {
            Println( m_UpdateFrameMap[v.first], L":", v.first, L":",  variable.second);
        }
    }
};

以下のように使います。

#include "DebugPrint.h"

void Main()
{
    DebugPrint dp;
    int a = 0;

    while (System::Update())
    {
        ClearPrint();
        dp.SetVariable(L"hoge0",L"aaa");
        dp.SetVariable(L"hoge1",Format(111));

        if(a % 10 == 0){
            dp.SetVariable(L"hoge2",L"bbb");
        }
        a++;

        dp.Draw();
    }
}

以下のように表示されるはず。

123:hoge0:aaa
123:hoge1:111
120:hoge2:bbb

Singletonを使えばソースコード上の好きなところで呼び出せます。
シングルトンのベターな実装方法

void Foo::Update(){

    DebugPrint& dp = singleton<DebugPrint>::get_instance();
    dp.SetVariable(L"Foo",L"Bar");
}

うまく使って開発の役に立てましょう。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
0
Help us understand the problem. What are the problem?