JavaScript
Go
Rust
新人プログラマ応援

主観的に若手が今やっておきたいプログラミング言語を個人的未来予測をふまえてまとめた

若手プログラマのaimofです。最近体調を崩して職を離れ暇になったのでこれからのために学んでおくべき技術を真剣に考えています。そのメモから得られた情報を共有がてらまとめておきます。

個人ブログ記事のちょっとしたリライトです。


aimofのスタンス


  • 直近数年で見ると日本は悪い方に向かいそうだが、技術力のあるプログラマにとってはそこまで悪いことにはならないだろう。

  • 先日の移民政策が日本に与える影響を重く見ており、少子高齢化問題は移民で和らぐと思っている。

  • 基本的に先を見据えて動きたい。。

  • 日本はサービス部分に弱みがある反面ハードウェアは強いと考えている。

メモ記事に雑多な考えが書いてあります。これはまとめ記事。


結論(aimof個人)

仕事としてはもともとやっているGoを軸にRustを学び、低レイヤーに強みを持ちたい。

モバイルアプリやWebフロントは個人単位でやっておきたい。


一般論として考えたこと

専門性の乏しめな若手が自分の専門として言語を選ぶ際の興味度、おすすめ度。

こういうおすすめ度はネタ以上の価値はないので、議論の種に過ぎない。

いろいろ思うところはあると思うがあくまで個人の考え。

大した専門をもたない若いプログラマが一つの言語をメインに仕事を探すような状況を想定。

言語
おすすめ度
強み
弱み
コメント

Go
+2
現時点で求人が多く需要が高まっている
少し始めるには遅い気もする
私個人がすでにどっぷり浸かっているのでコメントし難い

Rust
+2
着々と成長中かつ代用が効きづらい。低レイヤー言語
現時点で求人がほとんどない
習得難易度高めなので狙いめ

C
+1
安定
ちゃんと書くのはめちゃくちゃ難しい
CとRustの両方を触ればいい感じになれると思う

C++
+1
やはり安定
Cに比べ仕様が難しい
勉学のためにやるならCかな?仕事ならC++

Kotlin
+2
Javaより書きやすいAndorid開発言語
プラットフォームの変化に振り回される
Android以外もできるので悪くなさそう

Swift
+1
Apple
Apple
Appleはrootバグ以降信用していない

Python
+1
汎用性が高く、特に機械学習に強い
AIブームはそのうち去って本物しか残れないと私は思う
あなたが機械学習を専門に行うのでなければおすすめし難い。WebのPythonは嫌いだ

Ruby
-2
RoR
国内に猛者が多いため今から始めるのは遅すぎると思う
海外のランキングでは人気が下がりつつあると評されがちだが国内では依然人気

PHP
-2
未だに根強い人気を誇り、Rubyに比べれば伸びている
Ruby同様若手がやるのならおすすめしづらい
徐々に進化しているが新しい言語に比べるといまいちな印象

Java
?
多分まだしばらくは業界に居座るため食いっぱぐれづらい
Ruby, PHP同様書ける人が多いので需給バランスの見定めが大切
KotlinやScalaなどやるとどうしても知識が必要になるためサブとして使う機会が多いだろう

JavaScript
?
真面目にやったらフロントでしっかり働ける
10年以上前の情報を平気でおすすめしてくるスクールが多いので見定めが大事
昔のJSと今のJSは並べても同じ言語とは思えないくら違うので、JSで何をするかが大切

TypeScirpt
+2
JSとのシェア争いに勝てそうなのでいけてそう
JSとのシェア争いに負けたときくらいしか心配することないんじゃないかな?
フロントなのでコメントが雑ですみません

関数系言語
+1
新しい考え方に触れるのはとても大切
シェアは増えていない(使う人が減っているわけでもない)
主流にはならなさそうだが学ぶ価値は高い


JavaScriptについての補足

JavaScirptを言語単位で語るのはちょっと無理でした。

jQueryから進歩してない人から、ReactとかVueとかよくわからない新しいフレームワークとかいろいろ学んでいる人まで様々なので一概には言えない。

ただ、Webサイト作りたければ真面目にJSかTypeScriptやるとよい。


まとめ

若い人は21世紀の技術やるといいと思うよ