LoginSignup
88

More than 5 years have passed since last update.

MacのターミナルでEC2にSSHでログインする

Last updated at Posted at 2017-08-28

基本コンソール内でしか作業は行わないのですが、SSHで接続することがあったので備忘録として記事をまとめます。

キーペアの作成

まずEC2のインスタンス作成時、キーペアの作成をします。
事前に作成している既存のものを使う場合は、既存のキーペアを選択します。
注意しなければならないのは、このキーペアは紛失すると再発行ができません。
ログインできなくなります!
大切に保管しましょう!!

キーペアの作成.png

SSHログインに必要なIPの確認

EC2ログイン.png

キーペアの配置

EC2作成時に作成したキーペア(XXX.pem)をダウンロードし、~/.ssh/keysにコピーします。

cp コピー元 コピー先
xxxnoMacBook-Air:keys xxx$ cp ~/Desktop/xxx-20170816.pem ./

次は権限の設定です。

権限は600に設定します。
xxxnoMacBook-Air:keys xxx$ chmod 600 ~/.ssh/keys/xxx-20170816.pem

※設定変更前は644だったのですが、SSHの場合は権限がありすぎる、というかオープンすぎるのも良くないようです。

これで事前準備は完了です。

早速EC2にSSHログイン

ssh [ユーザー]@[IP] -i [キーファイルの指定]

xxxnoMacBook-Air:keys xxx$ ssh ec2-user@xx.xx.xx.xx -i  ~/.ssh/keys/xxx-20170816.pem

       __|  __|_  )
       _|  (     /   Amazon Linux AMI
      ___|\___|___|

無事ログイン成功です!!

EC2・amazonLinuxの初期ユーザ名は[ec2-user]になっています。

▼以下参考
Amazon Linux → [ec2-user]
RHEL → [ec2-user] or [root]
Ubuntu → [ubuntu] or [root]
Centos → [centos]
Fedora → [ec2-user]
SUSE → [ec2-user] or [root]

おわりに

何と言っても一番大事なことは、キーペアを絶対に無くさないことです!!
無くしてしまうとインスタンスとキーペア合わせて作り直しです。。。。><

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
  3. You can use dark theme
What you can do with signing up
88