Mac High SierraでGoogleファイルストリームがエラーになる時の対処

以前から使用していたgoogleドライブのサポートが終了するということで、現在はGoogleドライブファイルストリームの提供がされています。

ただ、なぜかアプリをダウンロードして起動してもエラーになってしまい起動してくれない。

アンインストールしてから再インストールしても状況は変わらず、ログインしてもしばらくしてファイルストリームが停止してしまいます....。

gdriveエラー.png

Mac High Sierraを使用中の場合はある設定が必要

Mac OS 10.13(High Sierra)でドライブファイルストリームを使用するには、以下の設定が必要です。

まずファイルストリームを開き、左上アップルアイコン > システム環境設定 
GFS01.png

セキュリティとプライバシー

GFS02.png

一般タブの下部に「開発元"Google, Inc."のシステムソフトウェアの読み込みがブロックされました。」と表示されているので、ここを[許可]します。

※今回設定した後だったため、文字入れしてます

GFS03.png

これでファイルストリームに無事ログインできるようになりました。

ファイルストリームにログインする

ファイルストリームを開くと、Googleドライブと同じく画面上部にアイコンが表示されるのでクリックしてgoogleアカウントでログイン。

GFS04.png

ログインするとアカウントの右横にフォルダマークが表示され、クリックするとフォルダが表示されます。

GFS05.png

マイドライブの方で、同期されたファイルが全て確認できます。

GFS06.png

Googleドライブをアンインストールする

ファイルストリームでファイルの同期が確認できた後、今までのGoogleドライブは不要になるので、アンインストールしてしまいます。

GFS07.png

Finderでアプリケーションフォルダを開き、Googleドライブを削除します。

サイドバーに残っているGoogleドライブの項目も削除。
この時点でファイルストリーム上にフォルダが存在していることを再度確認しましょう。

以上でGoogleドライブからファイルストリームへの切り替えが完了しました。

Sign up for free and join this conversation.
Sign Up
If you already have a Qiita account log in.