golang

progateのGoレッスンやってみた(Go合宿2018進捗報告)

※こちらの資料はGo合宿2018での、雑な進捗報告発表資料です。


自己紹介

  • @afroscriptといいます。
  • teratailのDevRelやってます
  • 仕事としてプログラムを書いたことはないです
  • Go ビギナーズの運営してます
  • Golang暦
    • 2015年10月に初心者向けハンズオンで初Golang
    • 11月に入門LT大会で発表
    • 1年半以上触ってなかったです、すみません
    • ...って、去年の合宿のときにも書いてました。
    • そして、そこから1年くらいほとんど触ってなかったです、すみません
    • Goビギナー賞を狙った発表ですが、このペースを見る限り、今後の成長はあまり見込めません。投票はお控えください。
  • 風邪気味。
    • 鼻水やばめ

progateのGoレッスンやってみた

image.png


progateとは?

  • プログラミング学習サービス
  • プログラミグ初心者向け
  • ブラウザ上でコード書いて、実行までできる
  • コードを書く前にスライドで説明がある。図もいっぱいで分かりやすい。
  • UI/UX良好
    • 無駄にマウス使ったりせず、(ほぼ)キーボード操作だけでさくさくやれる
    • 色使いが好き

image.png


なぜやってみたか?

  • 今日はGeth(Go Ethereum)やろうかなーと思ってたけど、tenntennさんにやってみてーと言われたので。
    • やってみて、ブログ書いてたら、時間なくなったので、Gethの方は進捗ゼロでした、残念。 image.png

内容

  • Goに触れてみよう
    • Goに触れてみよう
  • Goの基礎を学ぼう
    • GoのFormat
    • Goの基本
    • 数値
    • 数値の計算
    • 文字列の連結
  • 変数を使ってみよう
    • 変数の基本
    • 変数の更新
    • 色々な変数の作り方
    • 変数とエラー
    • 変数と自己代入
  • 真偽値と条件分岐
    • if文を使ってみよう
    • 真偽値
    • else
    • else if
    • 条件式を組み合わせよう
    • switch

やってみてどうだったか?① -Good

  • プログミング初心者向け
    • tenntennさんいわく、今回のレッスンのターゲットは、「プログラミング自体が初心者」
    • 説明スライドにも「変数とは?」「条件分岐とは」などのスライドがあり、プログラミング言語についてのそもそもの説明が入ってる
    • Go言語といえば、他のなにかしらの言語で、ある程度の開発はしたことがある人向け、玄人向けの言語ってイメージ
    • でもこうゆうレッスンがあることで、ゼロからの人でも最初からGo言語に触れられるというのが、すごくいいなと思った
    • 「Go言語しかまだやったことありません!」的なGolangネイティブなエンジニアがどんどん生まれてくるとうれしいな。

やってみてどうだったか?② -Good

  • gopherがちょいちょい出てきてかわいい
  • やはりGo言語の特徴といえば、Gopherがかわいい!というとこ
  • protateの説明スライドにもちょいちょいgopherが顔を出してくる。
  • キャラクターを推すのは、言語そのものへの愛着がわくので、いい。

image.png


やってみてどうだったか?③ -Bad?

  • 短い!
    • 1時間弱で終わった
  • 何かつくりたい
    • 次回以降かと思いますが、Goで"何かつくる"レッスンがやりたい
    • 第2弾以降が楽しみです:)

このレッスンを機に、もっと幅広い人たちがGolangを楽しんでくれるといいな:)


おまけ

最近ようやく始めた雑Blogにも書きました:)
http://afroscript.hatenablog.jp/entry/2018/07/07/231252