LoginSignup
0

More than 1 year has passed since last update.

Aerospikeを使ってみる:Windows11環境のDockerを使って起動

Last updated at Posted at 2022-12-27

はじめに

Aerospikeを使ってみたいと思ったとき、通常はLinuxサーバかEC2のインスタンスなどのLinuxの環境が必要になります。
でももっと簡単に使ってみたい時は、WindowsやMacでAerospikeを動作させることができます。
今回は、WindowsでEnterprise EditionとCommunity Editionを動作させる方法を説明します。

環境構築

WSL 2 (Ubuntu)のインストール

今回はDockerでAerospikeを動作させます。
Docker環境はWindowsにDocker Desktopをインストールすることもできますが、ここではWindows上にLinux環境を作成するWSLを使用します。

以下を参考に手順を記載します。
https://learn.microsoft.com/ja-jp/windows/wsl/install

  1. 管理者モードでPowerShellを開きます。

  2. 以下のコマンドを実行します。

    wsl --install
    
  3. Windowsを再起動します。Ubuntuの画面が表示され、ユーザ名とパスワードの入力を求められるので入力します。

Ubuntu環境の設定

以下を参考に手順を記載します。
https://docs.docker.com/engine/install/ubuntu/

  1. Ubuntuを起動し、パッケージのアップデートと必要なパッケージのインストールを行います。

    sudo apt-get update
    sudo apt-get install ca-certificates curl gnupg sb-release
    
  2. GPGキーの追加と設定を実施します。

    sudo mkdir -p /etc/apt/keyrings
    curl -fsSL https://download.docker.com/linux/ubuntu/gpg | sudo gpg --dearmor -o /etc/apt/keyrings/docker.gpg
    echo \
      "deb [arch=$(dpkg --print-architecture) signed-by=/etc/apt/keyrings/docker.gpg] https://download.docker.com/linux/ubuntu \
      $(lsb_release -cs) stable" | sudo tee /etc/apt/sources.list.d/docker.list > /dev/null
    

dockerのインストール

  1. パッケージの更新とDockerのパッケージのインストールを行います。

    sudo apt-get update
    sudo apt-get install docker-ce docker-ce-cli containerd.io docker-compose-plugin
    
  2. Dockerサービスの開始と動作確認を行います。

    sudo service docker start
    sudo docker run hello-world
    
  3. Docker Composerをインストールします。(今回は不要ですが、今後のためにインストールしておきます。)

    sudo apt install docker-compose
    

以上で、準備は完了です。

Aerospikeの実行

次にAerospikeを上記のインストールしたDockerで実行します。
実行は、Community Edition、Enterprise Editionについて記載します。
また、Aerospike社と契約しFeatures Keyをお持ちの場合についても記載します。

Docker Hubの確認

Aerospikeのイメージを、以下のDocker Hubで確認してください。
https://hub.docker.com/_/aerospike
2022年12月27日の時点の最新版は、両Editionとも6.1.0.3ですので、以下は6.1.0.3として記載します。

Aerospikeの起動

  • Community Editionを起動する場合は、以下の通りです。(nameは適宜変更してください。)

    sudo docker run -d --name aerospike_ce -p 3000-3002:3000-3002 aerospike:ce-6.1.0.3
    
  • Enterprise Editionを起動する場合は、以下の通りです。 (nameは適宜変更してください。)

    sudo docker run -d --name aerospike_ee -p 3000-3002:3000-3002 aerospike:ee-6.1.0.3
    

    上記の場合、試用ライセンスのためノード数が1つに制限されますが、すべての機能がご利用いただけます。

  • お持ちのFeature-Keyを指定してEnterprise Editionを起動する場合は、以下の通りです。 (nameは適宜変更してください。)

    sudo docker run -d -v [DIR]:/opt/aerospike/etc/ -e "FEATURE_KEY_FILE=/opt/aerospike/etc/features.conf" --name aerospike_ee -p 3000-3002:3000-3002 aerospike:ee-6.1.0.3
    

    [DIR]にはローカルのUbuntuのディレクトリを指定し、そのディレクトリに事前に保有のfeatures.confを保存してください。

    必要に応じて以下を実行し、上記のコンテナにログインしてください。

    sudo docker exec -it [コンテナ名] /bin/bash
    

補足

Community EditionおよびFeature Keyをお持ちの場合は、複数ノードでご利用いただけます。
Dockerでの複数ノード構成は、ご利用方法によって最適な方法が違ってきますので、いくつかのパターンについて、今後、投稿します。

最後に

上記では、Windows11上のWSLでの実行を説明しましたが、Windows11上のDocker DesktopやMacのDockerでも同様にAerospikeを実行することができます。
まずは、お気軽にAerospikeを使ってみてください。

次の記事では、CRUDの操作や管理の方法を説明します。

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
  3. You can use dark theme
What you can do with signing up
0