#vagrant
#Ubuntu

vagrantで起動したUbuntu上でyumを入れようと苦戦した話

Markdown形式で初めて書くため拙いところもあると思われます。

目的

vagrantから起動したUbuntu上でoracleのjdkが必要となった.
多くのサイトを参考にし,yum(Yellowdog Updater Modified)を使用してインストールしようとしたところ

The program 'yum' is currently not installed. To run 'yum' please ask your administrator to install the package 'yum'

と出たのでyumがそもそも入っていないと判断.
色々調べたところ自分の知識不足から発生した恥ずかしいミスだと発覚したので,戒めも込めてその解決方法のメモ書き.

そもそもyumとは?

パッケージ管理ツールの一つ(他にはRPMなどがある),OSへのソフトウェアの導入と削除,依存関係の整理などを行うツール.

RPMとの違いは依存性の解決機能とパッケージの自動更新機能,リポジトリとの連動などが挙げられる.

参考サイト

実行環境

oracle VM VirtualBox上にvagrantを用いてUbuntu14.04を起動して仮想マシン環境を立てる.

解決方法

結論から言うとこのときUbuntuで起動していたことが問題であった.
このサイトによるとUbuntuはDebianをベースに作られており,yumではなくaptを使うようだ.
しかし,当初の目的を一応達成しておきたいのでyumをインストールしてみることにした.

sudo apt-get install yum

としたところyumのインストールに成功.しかし今後使うことは恐らくないであろう.

結論

私の「CentOSとUbuntuなんて同じLinuxだろう」という甘い考えによって発生したミスであった.
Linux環境を自分で構築するのは初めてのためまだまだ勉強が必要である.
また,こちらのサイトによるとyum事態がpython2.xベースで書かれているため今後はdnfへの移行が決まっているそうだ.