Edited at

WSL導入時にしたこと

More than 1 year has passed since last update.

WSLを導入時に自分でやったことのまとめ

参考サイト1

参考サイト2

参考サイト3

多分専門的にやる方は2の方がWSLの利点が分かりやすいと思われます.


WSLとは

Windows Subsystem for Linuxの略でLinuxのアプリをwindows上で実行することのできる機能.今までのCygwinなどといtったソフトとの違いはLinux環境用のプログラムが動作するようになったこと.

LinuxのデスクトップやMacOsのように「普段の操作をGUIで行いつつ,定型的な処理を素早く済ませたい場合に端末を開く」といった操作をwindowsで可能とする.


インストール手順

上記の参考サイト1を参考に.

[プログラムと機能]から[windowsの機能の有効化または無効化]を開き[Windows Subsystem for Linux]にチェックを入れ再起動.その後Microsoft StoreでLinuxと検索しディストリビューションの中からUbuntuを選択.

その後ユーザー名とパスワードを設定.


初期設定

参考サイトに書いてあったようなsudoの必要はなかった.

今回はrubyとgitをインストールする.

まず,

sudo apt-get install ruby

としたところ

E: Failed to fetch

というエラーが発生したので調べたところaptのアップデートが必要とのこと.

sudo apt-get update

とすることにより解決.

sudo apt-get install ruby

sudo apt-get install git

インストール完了.


Linuxディレクトリとwindowsディレクトリの場所関係

WSL上のLinux環境からはWindowsのファイルが/mnt/cという場所にある.WSLをそのまま起動した場合の初期位置は/home/usernameとなっている.

Windows上で作成したファイルの確認をしたい機会も多いであろうし、めんどくさいのでシンボリックリンクを作成.

ln -s /mnt/c/Users/username ~/Home

ln -s /mnt/c/Users/username/Desktop ~/Desktop


その他

複数のディストリビューションがある場合windowsのコマンドプロンプト上で

wsl config /list

と打てばインストール済みのディストリビューションが確認できる.

またその中からwslというコマンドで実行される既定のディストリビューションを指定したい場合

wslconfig /s ubuntu

と打てばよい.

その後windowsのコマンドプロンプト上で作業したいディレクトリに移動し

C:\Users\username\Desktop\github> wsl

username@ubuntu:/mnt/c/Users/username/Desktop/github$
username@ubuntu:/mnt/c/Users/username/Desktop/github$ exit
C:\Users\username\Desktop\github>

という風にそのディレクトリ上ででWSLを起動することができる.

また,毎回WSL起動しなくても例えばlsコマンドのみ実行したい場合

C:\Users\username\Desktop\github> wsl ls

test.txt

といったようにwslの後にコマンドを入れておけばその一瞬だけWSLが起動しコマンドを実行してくれる.

ただし,このとき実行できるコマンドは1つだけなのに注意すること.複数実行したい場合bash -cなどの工夫が必要.


まとめ

WSL導入時にしたことを自分用にメモ書きした.

windowsとファイルを行き来する場合において,仮想マシンより使いやすいと感じたので使いわけていきたい.