IBM MobileFirst Advent Calendar 2016

1
0
6

MFFLogo
IBM MobileFirstはエンタープライズ向けのモバイルアプリ開発プラットフォーム(MADP)として2012年から世界で1,000数百社以上の導入実績がありトップシェアでした...が、残念なことに「じゃあいっちょ試してみっか?」という気軽なシロモノではありませんでした...。だがしかーし2016年のV8による以下のような大幅アップデートで、グッと短い時間で試せるように!

  • クラウドBluemixでMobile Foudationとして提供開始したのでMobileFirstサーバー構築の手間が圧倒的に短くなった
  • SDKはCocoaPodsやGradle(Maven)、Cordova Plugin(NPM)、Xamarin等のリポジトリーから手に入るので、製品サイトからダウンロードする必要がなくなった
  • Eclipseベースの開発環境(MobileFirst Studio)を廃し、Monaca、Xamarin、IntelliJ IDEA‎や普通のXcode、Android Studioで自由に開発できるようになった
  • Slackで中のヒトからのサポート受けられる MFP Dev Slackチーム

そこで今年は思い切ってこのカレンダーを作ってみました。遠慮なく参加できます。ちなみにMobileFirst Foundationは、エンタープライズの開発では欠かせない共通的な機能、例えばユーザー認証、RDB(OracleやMySQL等)とアプリ内のオフラインDBとの同期、社内Webサービスのセキュアな呼び出し、ドキュメンテーションの自動生成、アプリの改ざん検知・Webリソースの暗号化、オフラインDBの暗号化、端末識別番号の生成などをフレームワーク的に提供します。

なお、開発者向けのバイブル的情報サイトは以下
IBM MobileFirst Developer Center


Category:

Calendar Sponsor PR

IBM MobileFirst Advent Calendar is looking for participants

12 / 1
simonTokyo simonTokyo
2016年 V8.0で何が変わったのか?
12 / 2
simonTokyo simonTokyo
どこで情報収集したりスキルアップするの?
12 / 3
simonTokyo simonTokyo
BluemixでMobile Foundationをセットアップしてみた
12 / 4
simonTokyo simonTokyo
SwaggerでAdapter仕様のドキュメントを自動生成してみた