svn

svn 自分用コマンドメモ

More than 1 year has passed since last update.

WinはトータスSVNで事足りる。

Macで個人的にしっくりくるGUIがなく、

CUIをお勧めされたので、覚えようと思いました。

随時追加修正


  • SVN導入手順 概要
    MacPorts導入→Xcode導入→Xcodeコマンドラインツール導入
    →ターミナルからsudo port install subversion

//動作確認

svn --version


//リポジトリ作成

svnadmin create PATH...

//例:デスクトップのsvnRepoフォルダをリポジトリに指定
svnadmin create /Users/(userName)/Desktop/svnRepo


//作業領域の作成(チェックアウト)(chekout →coでも可)</br>

svn checkout URL[@REV]... [PATH]

//作業領域を作成したい場所まで移動し、コマンドを叩く(workフォルダの作業領域を作成)
svn co file:///Users/(userName)/Desktop/svnRepo work


//ファイルの追加

svn add PATH...

//対象ファイルのディレクトリまで移動し、コマンドを叩く(A追加)
svn add sample.txt


//ファイルの削除

svn delete PATH...

//対象ファイルのディレクトリまで移動し、コマンドを叩く(D削除)
svn delete sample.txt


//編集の取り消し(属性も取り消される)

svn revert PATH...

//対象ファイルのディレクトリまで移動しコマンドを叩く
svn revert sample.txt

競合状態の修正などにも使用



//コミット
svn commit

//対象ファイルのディレクトリまで移動しコマンドを叩く(””内はコメント)
svn commit -m "サンプルボタン追加しました"


//ログ確認(リポジトリに反映されたか確認)

svn log

//対象ファイルのディレクトリまで移動しコマンドを叩く
svn log sample.txt



//アップデート(作業領域更新)

svn update

//対象ファイルのディレクトリまで移動しコマンドを叩く
svn update


//作業領域のディレクトリ、ファイルの状態確認

svn update PATH...

svn status


//クリーンアップ

svn cleanup PATH…



  • 備考

    使いそうだけど今のところあまり使ってないコマンドメモ


  • 作業領域、リポジトリの削除

    svn delete PATH...

    svn delete URL...


  • ロック

    svn lock TARGET...


  • 差分チェック

    svn diff