Python
WhirlwindTourOfPython

The Japanese translation of "A Whirlwind Tour of Python" - Resources for Further Learning

http://nbviewer.jupyter.org/github/jakevdp/WhirlwindTourOfPython/blob/master/16-Further-Resources.ipynb

さらなる学習のための資料

これは私たちのPython言語の駆け足の旅を結論づけます。もしあなたがここまでとおく読んでいるなら、あなたがさらに探求できるコードの構造とツールの範囲のアイデアと同時に、Python言語によって提供される本質的なシンタックス、セマンティクス、演算と機能のアイデアをもつことが私ののぞみです。

Pythonを使ったデータサイエンティストにとってより使いやすくなるPython言語のパターンや部分を網羅してきてますが、これは完全な紹介にはけっしてなっていないです。もしPython言語自体をより深く理解し、効果的に使う方法を理解したいなら、私がお勧めする役立つ資料がここにあります:

  • Fluent Python by Luciano Ramalho. これはすばらしいオライリー本で、Pythonの最高の実践とイディオムを探求します、標準ライブラリもたいていの方法を得られることを含んでいます。
  • Dive Into Python by Mark Pilgrim. これはPython言語の最初からの紹介を提供するフリーのオンライン本です。
  • Learn Python the Hard Way by Zed Shaw. この本は、"やってみて学ぶ"アプローチを踏襲しています、そして、依然としてプログラマが学習できるもっとも役立つスキルになるかもしれないことを開発することをわざと強調します:つまり、グーグルで検索しても理解できないことです
  • Python Essential Reference by David Beazley. これは700ページのよくかかれたモンスターです、実質的にPythonと組み込みライブラリについて知ることがすべて網羅しています。よりアプリケーションにフォーカスしたPythonの一通りは、"Beazley's Python Cookbook"を見てください。

よりデータサイエンスや科学的計算のためにPythonツールを掘るために、次の本をお勧めします:

  • The Python Data Science Handbook by yours truly. この本は、このレポートが置き忘れているところを精密に開始します、そして、Pythonのデータサイエンスの積み重ねにおける本質的なツールの包括的なガイドを提供します、データマンジングと操作から機械学習まで。
  • Effective Computation in Physics by Katie Huff and Anthony Scopatz, は、物理研究の世界をはるかにこえた人々に受け入れられます。科学的計算に対する順番に最初からの紹介で、このレポートで言及した多くのツールのすばらしい紹介を含みます。
  • Python for Data Analysis by Wes McKinney, creator of the Pandas package. この本は、詳細においてPandasライブラリをカバーしています、同時にそれを可能とする他のいくつかのツールについて役立つ情報を与えます。

最後に、より広い人にさえ、そこでだされるものをみてみましょう、私は次をすすめます:

  • OReilly Python Resources オライリーはPythonの世界の特別な題材とPythonそれ自体のたくさんのすばらしい本をとりあげてます。
  • PyCon, SciPy, and PyData. PyCon, SciPyとPyDataカンファレンスは毎年何千という参加者を誘致していて、フリーのオンラインビデオによって毎年それらのプログラムの塊をアーカイブしています。これらはPythonそれ自体、Pythonパッケージ、そして関連する題材について学習するための信じられないほどの集合になっています。トークとチュートリアルの両方のビデオをオンラインで検索できます:前者はより短い傾向があり、新しいパッケージや古いものに対する新しい見方を網羅します。チュートリアルは、何時間かの傾向で、他と同じようにツールの使用に言及したものをカバーします。