7
Help us understand the problem. What are the problem?

More than 5 years have passed since last update.

posted at

updated at

Organization

codeception を使ってみたメモ

PhantomJSをWebdriverとして使ってみる。プロジェクトはVagrantのホスト上で動かしている状態。

phantomJSのインストール

面倒だったので brew install phantomjs でインストール

プロジェクトにインストール

基本全部のプロジェクトは Composer を使ってるので、下記の一行を実行

> composer require "codeception/codeception" --dev

設定ファイルとか必要なので作成させる

> ./vendor/bin/codecept bootstrap

設定が作成されたら簡単な Acceptanceなテストを作ってみる。

> ./vendor/bin/codecept generate:cept acceptance Welcome

内容をこんな感じにしてみる。

<?php
$I = new AcceptanceTester($scenario);
$I->wantTo('perform actions and see result');
$I->amOnPage('/');
$I->see('Homepage'); /* replace this with your own text */

設定とか

一番やりたいのは、Acceptance なので、それの設定だけ少しいじる。

tests/acceptance.suite.yml
# Codeception Test Suite Configuration

# suite for acceptance tests.
# perform tests in browser using the WebDriver or PhpBrowser.
# If you need both WebDriver and PHPBrowser tests - create a separate suite.

class_name: AcceptanceTester
modules:
    enabled: [WebDriver]
    config:
        WebDriver:
            url: 'http://192.168.13.14:8054/'
            browser: phantomjs
            window_size: 1024x768
            wait: 1

動かし方

二つのターミナルを開いて、一つをphantomjsを、一つをcodeceptに使ってみる。他の方法はよくわからんない。

> phantomjs --webdriver=4444
> ./vendor/bin/codecept run
Codeception PHP Testing Framework v2.0.14
Powered by PHPUnit 4.6.7 by Sebastian Bergmann and contributors.

Acceptance Tests (4) ----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
Perform actions and see result (WelcomeCept)                                                                                         Ok

エラーとか

エラーが出れば、 tests/_output などに出力されるから、それを見ればいい感じ。スクリーンショットも撮っているので。

XPathとか

テストでDom指定もできるし、Xpathの指定もできる。ただ、XPathを書く気は無いので、XPathHelper を使ってみる。

XPathHelper の使い方

  1. Ctrl-Shift-X を押したら上にクエリーウィンドウが開く
  2. シフトを押しながらマウスを移動すれば、クエリーウィンドウにパスが出力されるから、それを利用する。

多分他にも。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Sign upLogin
7
Help us understand the problem. What are the problem?