Posted at

Kibana4 を立ち上げてデータ表示するまで on AWS EC2

More than 3 years have passed since last update.


はじめに

EC2 に ElasticSerach / Kibana4 をインストールして、Kibana4 でデータ表示するまでをまとめました。


インストール


事前準備

root にユーザ切替して作業します( $ sudo su - )。

パッケージを更新します。

$ yum update -y

Swap領域を設定します。

$ dd if=/dev/zero of=/swap.img bs=1M count=2048

$ chmod 600 /swap.img
$ mkswap /swap.img
$ bash -c 'echo "/swap.img swap swap defaults 0 0" >> /etc/fstab'

日本時間に設定します。

$ vi /etc/sysconfig/clock

clockファイルのZONEをZONE="Asia/Tokyo”に書き換えます。

ローカルタイムを設定し、再起動します。

$ ln -sf /usr/share/zoneinfo/Asia/Tokyo /etc/localtime

$ reboot


インストール

root にユーザ切替して作業します。

ElasticSearch / Kibana インストール

yum でインストールできるように準備します。

$ rpm --import https://packages.elastic.co/GPG-KEY-elasticsearch

$ vim /etc/yum.repos.d/elasticsearch.repo


elasticsearch.repo

[elasticsearch-2.x]

name=Elasticsearch repository for 2.x packages
baseurl=http://packages.elastic.co/elasticsearch/2.x/centos
gpgcheck=1
gpgkey=http://packages.elastic.co/GPG-KEY-elasticsearch
enabled=1

[kibana-4.4]
name=Kibana repository for 4.4.x packages
baseurl=http://packages.elastic.co/kibana/4.4/centos
gpgcheck=1
gpgkey=http://packages.elastic.co/GPG-KEY-elasticsearch
enabled=1


ElasticSearch をインストールします。

$ yum install elasticsearch -y

$ service elasticsearch start
$ chkconfig elasticsearch on

Kibana4 をインストールします。

$ yum install kibana -y

$ service kibana start
$ chkconfig kibana on


サンプルデータを投入します。

harukasan/kibana-testdata をダウンロードして、ElasticSearch に投入します。

$ wget https://github.com/harukasan/kibana-testdata/blob/master/events.json?raw=true events.json

$ curl -s -XPOST localhost:9200/_bulk --data-binary @events.json > /dev/null


Kibana4 を起動する


インデックスを作成する

ブラウザから http://(EC2のIPアドレス):5601/ を開くと、インデックスの作成を求められます。

Index name or pattern を「sample_service-*」に修正すると、[Create] ボタンが表示されるので、クリックします。


Discover - 必要なデータを発見する

[Discover] タブをクリックします。

サンプルデータでは2014年4月27日のデータしかないので、右上の [Time filter] から期間を設定します。

[Time filter] の下にグラフとデータが表示されているので、見やすいように [Time filter] を閉じます。


Visualize する

[Visualize] タブをクリックし、適当なグラフを選択します。

[Search Source] で検索ソースを選択します。

ここまでやるとグラフが表示されます。


まとめ

ElasticSearch / Kibana4 を yum でインストールする手順で環境を構築しました。

AWSであれば ElasticSearch Service を使えばいいのですが、この場合Fluentd を別環境に用意する必要があります。開発時には1つの環境で開発できたほうが楽なので、今回のやり方で環境を準備するとよいかなと。