Posted at

Lightningコンポーネントのソースコードを取り出す

More than 3 years have passed since last update.

開発者コンソールで開発したLightningコンポーネントのソースコードを取り出して、リポジトリに登録したり、別組織に移行したいことがあります。Salesforce1 Lightning Advent Calendar 20141日目の投稿ではデプロイ方法について書きましたが、同様に取り出すこともできます。


ソースコードを準備する(デプロイするなり、開発者コンソールで作成する)


ソースコード

src

|--sampleCmp
|--sampleCmp.cmp
|--sampleCmp.css
|--sampleCmpController.js
|--sampleCmpHelper.js


package.xmlを準備する


src/package.xml

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>

<Package xmlns="http://soap.sforce.com/2006/04/metadata">
<types>
<members>sampleCmp</members>
<name>AuraDefinitionBundle</name>
</types>
<version>32.0</version>
</Package>


Salesforce移行ツールで取り出す

build.xmlを準備します。


build.xml

<project name="LightningSample" default="deploy" basedir="." xmlns:sf="antlib:com.salesforce">

<property file="build.properties"/>
<property environment="env"/>

<target name="retrieve">
<mkdir dir="code"/>
<sf:retrieve username="(ユーザID)" password="(パスワード)" serverurl="https://login.salesforce.com" retrieveTarget="code" unpackaged="src/package.xml"/>
</target>
</project>


Antを利用してSalesforce移行ツールを起動します。

> ant retrieve

以上のように、通常のForce.comのリソースを取り出す場合と同様の方法でLightningコンポーネントのソースコードを取り出すことができます。

この投稿はSalesforce1 Lightning Advent Calendar 2014の10日目の投稿です。