Help us understand the problem. What is going on with this article?

アイドルの睡眠データを3Dプリンタでオブジェ化して日本武道館で展示する

More than 1 year has passed since last update.

概要

5月6日に日本武道館で行われる、1000人のアイドルを集めた大交流会『アイドル博』。
この博覧会に、アイドルグループの・・・・・・・・・は『ねむりオブジェ』を展示しました。

ねむりオブジェは、4月22日の・ちゃん(・・・・・・・・・メンバーのこと。今回用いたデータは、その中の一人のもの)の睡眠データを3Dプリントで出力したものです。
2017年4月22日。この日は、・・・・・・・・・がはじめて沖縄で過ごした夜。
寒暖差が引き起こす体調の変化、見知らぬ土地への不安と期待、ライブを終えたあとの疲れと高揚感……睡眠データから、そんなことが読み取れるかもしれません。

手順は以下のとおりです。

1.Fitbitで・ちゃんの睡眠を記録する。
2.Python-Fitbitで、記録した睡眠データを取得する。
2.Illustratorで睡眠データを折れ線グラフに起こす。
3.Photoshopで折れ線グラフを3Dデータにする。
4.印刷所で3Dデータをプリントする。

制作

睡眠の記録

睡眠の記録にはウェアラブル機器のFitbitを使いました。Fitbitを付けて眠ると、睡眠の質が1分刻みで記録できます。そのデータ3Dに起こし、プリントして「モノ化」します。

ねる前の・ちゃん

Python-Fitbitで1分ごとの睡眠の質を取得。

get_sleep_level.py
import fitbit
import datetime

FITBIT_CLIENT_ID = ""
FITBIT_CLIENT_SECRET = ""
FITBIT_ACCESS_TOKEN = ""
FITBIT_REFRESH_TOKEN = ""

fitbit_authd_client = fitbit.Fitbit(FITBIT_CLIENT_ID, FITBIT_CLIENT_SECRET, access_token=FITBIT_ACCESS_TOKEN, refresh_token=FITBIT_REFRESH_TOKEN)

date = datetime.date(2017, 4, 23)
sleep_level_array = []

try:
    data = fitbit_authd_client.get_sleep(date)["sleep"][0]

    for minute_data in data["minuteData"]:
        sleep_level_array.append(int(minute_data["value"]))

except IndexError:
    print("IndexError")

1分ごとの睡眠の質

グラフ化

Illustratorで睡眠の質を折れ線グラフ化。①覚醒、②寝返り、③熟睡の三段階で、高い山が覚醒、低い山が寝返り、平地が熟睡。
折れ線グラフになった睡眠データ

3D化

円弧状に変形。Photoshopの『3D押し出し』で3D化。stlファイルとして出力。
3Dになった睡眠データ

3Dプリント

3Dプリントは、秋葉原にあるナノラボに依頼しました。

現代アイドルの「チェキ会」は事前準備が大変💦
徐々に姿を現してきました…完成まで残り約20時間!#武道館アイドル博2017 pic.twitter.com/ORuTb6Ft77

— ・・・・・・・・・運営 (@tokyo_tsukurou) 2017年5月4日

プリント中
プリント中

最後に、半透明のチューブをループさせてオブジェに接着、頭から被れるようにしました。
この中に頭をいれて、・ちゃんの睡眠データのなかで、すやすや眠るイメージ。

当日のレポート

なぜ、こんなモノをつくったのか?

睡眠という、目に見えないぼんやりとした概念を、手に取って触れる「モノ化」したかった。

なぜ「モノ化」したかったのか?
それを説明するには、アイドル史を遡らなければなりません。

その昔、アイドルはテレビ越しに見るものでした。どんなに近づいても、ステージと客席まで。当時のアイドルは、遠く離れた場所におり、神秘のヴェールに包まれた、手の届かない存在。

そこにAKB48が登場しました。AKBは「会いにいけるアイドル」をコンセプトに、小規模な劇場や握手会といった、至近距離でアイドルと接触できるシチュエーションを提供しました。

その接触を推し進めたのが、現代の地下アイドルです。AKBよりも頻繁に交流会が開かれ、その内容もディープになりました。SNSでのオタクとのやり取りも濃密に、頻繁になり、Twitterでリプライを飛ばせば、返事が貰えるような超至近距離の時代。

・・・・・・・・・は、アイドルをもう一度、お天道様のような存在に戻そうというプロジェクトです。
もっとも、ただ距離を遠くするだけでは、ただの先祖返りにすぎず、何の面白みもありません。現代のテクノロジーを用いることで、昔には不可能だった「遠く離れて居るのに、親密な関係」を実現する。そのために我々が選んだのが、モノ化した生体情報です。意思によってコントロール不可能な身体のシグナルを、言葉ではなく、イメージでもなく、触って感じる。

アイドルの進化は、メディアの進化と歩みを同じくしてきました。・・・・・・・・・は、まったく新しい表現媒体をつかって、アイドル史を更新します。

P.S.

ねむりオブジェの他にも、・・・・・・・・・は・ちゃんの心拍に合わせてリアルタイムにスマホが震えるHeartSyncというアプリや、五感を感じる交流会『五感チェキ』(・ちゃんの匂い・声・姿・味・触感を味わえる)を展開しています。最先端の技術で、原始的な情動を呼び起こす………!



後日談:abemaTVで紹介されました(2018.7.26)

DjCNyNuVsAAnTD3.jpg-large.jpeg

a-r-i
「アイドル×テクノロジー」をテーマに、アイドルグループと共同でイベント・作品づくりをしています。 「アイドルの睡眠データを3Dプリンタでオブジェ化」 「アイドルとオタクがBitcoinで永久に消えないメッセージを刻む」 「過去にアイドルが居た場所に近づくとスマホが震えるアプリ」 お気軽に連絡ください。
https://github.com/a-r-i
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away