Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
Help us understand the problem. What is going on with this article?

UnityCloudBuildでテスト用のiOS端末を追加登録する方法

More than 1 year has passed since last update.

まえがき

私は UnityCloudBuild で iOS/Android 対応のアプリをビルドしています。

iOS でアプリの実機テストを行うときは、事前に AppleDeveloper にテスト端末の UDID を登録し、その情報を含んだ ProvisioningProfile を UnityCloudBuild に適用する必要があります。

テスト端末が増える機会は半年に1度くらいしか無いので、忘れても良いように手順を残すことにしました。

※既存の設定に端末を追加登録するときの手順ですので初回の設定作業には触れていません。
※UnityCloudBuildに関する内容は最後のほんの一部だけでそれ以外は一般的な内容です。

iTunes でテスト端末の UDID を取得する

  1. 今回追加するテスト端末を PC に接続します。
  2. iTunes を起動して端末の情報を表示します。
    image.png

  3. シリアル番号をクリックすると表示が UDID に切り替わるので UDID をコピーします。
    image.png
    ↓ シリアル番号をクリックすると表示が変わります。
    image.png
    これで UDID を取得することができました。

AppleDeveloper に端末を登録して、ProvisioningProfile を更新/取得する

  1. https://developer.apple.com/account/ にサインインします。
  2. Certificates, IDs & Profiles を選択します。
    image.png

  3. Devices を選択して、 +ボタンを押します。
    image.png

  4. Platform を選択して、任意の DeviceName を入力して、端末の UDID を入力したら Continue を押します。
    image.png
    これで端末の情報が登録されました。

  5. Profiles の中から編集したい Profile を選択します。
    image.png

  6. この Profile に登録する Device が選べますので、今回追加した端末にチェックをいれます。
    image.png
    チェックを入れたら Save して Download します。
    これで更新された ProvisioningProfile(.mobileprovision ファイル)を取得できました。

UnityCloudBuild へ ProvisioningProfile を適用する

  1. https://developer.cloud.unity3d.com/projects/ にサインインします。
  2. Credentials を開きます。
    image.png

  3. 対象の Credential の︙ボタンを押し、UpdateProvisioningProfile を押して、先程生成した .mobileprovision を適用します。
    image.png

設定が間違っていなければこれで作業は完了です。
ビルドして動作確認してみましょう。

_y_minami
C# .NET Unity Azureが好きでその辺りのお仕事をしてます。 趣味はゲーム制作とお菓子作りと紅茶。 日本紅茶協会認定ティーアドバイザー。
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away