Linux

ntfsclone を使ったNTFSパーティションの効率的なバックアップとリストア

More than 3 years have passed since last update.


はじめに



  • ntfsprogs パッケージに含まれているツール ntfsclone を使い、特殊イメージ型式でイメージファイルを保存することで、NTFSパーティションを効率的にバックアップすることができる。

  • 特殊イメージ型式 (special image format) とは、未使用のディスク領域を専用の制御コードで圧縮した型式のこと。特殊イメージ型式を利用すれば、 gzip などによる圧縮を行わなくても、イメージファイルをある程度圧縮することができる。

  • ただし特殊イメージ型式のファイルは、そのままではマウントできず、あらかじめ通常 (?) の型式に復元する必要がある。


使い方

(あらかじめ apt などで ntfsprogs パッケージをインストールしておく。)


/dev/sda1 を特殊イメージ型式のファイル ntfs_special.img に保存

# ntfsclone --save-image --output ntfs_special.img /dev/sda1


特殊イメージ型式のファイル ntfs_special.img/dev/sda1 に復元

# ntfsclone --restore-image --overwrite /dev/sda1 ntfs_special.img


特殊イメージ型式のファイル ntfs_special.img を通常 (?) の型式のファイル ntfs.img に展開してマウントする

# ntfsclone --restore-image --output ntfs.img ntfs_special.img

# mount -t ntfs -o loop ntfs.img


参考文献