Edited at

Amazon Lumberyard と Twitch の連携を試してみる (Lumberyardセットアップ編)

More than 3 years have passed since last update.

Amazonから新しくゲーム開発のクラウドプラットフォームAmazon Lumberyardが出たので、早速触ってみました。

Amazon Lumberyardと一緒に連携サービスの情報も出ていたので、簡単にまとめてみます。


Amazon Lumberyard


  • 3Dゲーム開発エンジン CryEngineが基らしい

  • 料金は無料

  • 対応Platformは、PC,PS4,Xbox (iOS,Android VR向けにも対応予定)


Amazon GameLift


  • マルチプレイヤーゲーム向けの運用とスケールをセッションベースで変更できる開発エンジン

  • サーバーがスケーラブルなため、ゲーム開発者は使った分の費用だけを支払えば良い

  • 料金は、1000デイリー・アクティブ・ユーザーごとに1.50ドル (+ サーバー、DB等の料金)


Twitch


  • ゲームストリーミングサービス

  • Amazon Lumberyardと連携出来る

  • 開発者はTwitchにいる月間ゲーム配信ユーザー170万人と月間視聴者1億人以上に向けたゲームプレー機能を構築することができる


    • Twitch ChatPlay

      配信者が同エンジンで開発されたゲームを配信している場合、投票によってゲームの進行を変化させたり、特定のプレイヤーをパワーアップさせるといった視聴者がゲームに参加できる

    • Twitch JoinIn

      マルチプレイ対応ゲームで配信者がファンを招待し、サイド・バイ・サイドのゲームプレイ映像を配信できる



参考:

 http://jp.techcrunch.com/2016/02/10/20160209aws-announces-new-set-of-integrated-services-aimed-at-game-developers/

 http://japan.cnet.com/news/service/35077640/


Twitch ChatPlay を試してみる

ゲームを配信しながら視聴者もゲームに参加できる Twitch ChatPlay は、新しいゲームの楽しみ方が作れそうで面白そう!と思ったので、早速触ってみることにしました。

今回は、Amazon Lumberyard のダウンロードから、Twitchのコメントを拾って動作するプログラムを作りました。

所要時間は、90分ほど。※ネットワーク速度等に大きく左右されます


Amazon Lumberyard のダウンロード

Amazon Lumberyard のページからZIP形式でダウンロードできます。

https://aws.amazon.com/jp/lumberyard/downloads/

ダウンロードが終わったら、ZIPを解凍します。

解凍中にエクスプローラーが応答なしになってしまう場合...

ほかの解凍ツールを使用するか、圧縮フォルダ内を開いて(ZIPファイルをダブルクリック 下画像参照)1項目ごとコピーしていけば問題なく解凍?できると思います。

ZIP_Exproller


Amazon Lumberyard のセットアップ


  1. ランチャー起動

    Amazon Lumberyard のZIPファイルの中身は画像のようになっていると思います。

    LumberyardFolder

    この中の、LumberyardLauncher.bat を実行すると、Lumberyard のランチャーが起動します。


  2. 使う機能の選択

    Get Startedの画面が開いていると思うので、Lumberyardのパスの確認と、使う機能の選択をします。

    Lumberyardのパスは、変なことをしていなければデフォルトで良いはずです。

    使う機能は、今回はエディタ起動とコンパイル・実行くらいができればよいので、上3つにしました。

    (下図参照)

    LumberyardLancher_GetStarted


  3. 必要なソフトウェアのインストール

    使う機能を選択すると、必要なソフトウェアが自動でリストアップされます。

    左のRequired Softwareのタブでその一覧が確認できます。

    今回は、最低限必要な DirectX と VisualStudio のみインストールしました。

    LumberyardLancher_RequireSoftware


  4. いざ起動!

    左のRequired Softwareのタブの赤×マークが消えたら、Summaryのタブを選択します。

    ウィンドウ右上にLanch editorというボタンが出ていると思うので、おもむろにクリックしてみてください。Lumberyard Editorが起動します。

    LumberyardLancher_Summary


  5. AWSのアカウントを入力

    Editorが起動すると、AWSアカウントのメールアドレスとパスワードを聞かれますので、ささっと入力してしまいます。

    LumberyardEditor_Login



Amazon Lumberyard のプロジェクト選択

ログインを済ませると、Level(ゲームの1ステージ分のデータのようなイメージ?)選択画面が出てきます。

LumberyardEditor_SelectLevel

今回は一から作る気はさらさらないので、サンプルプロジェクトを使います。

OpenLevelを選択し、Sample/Movers_Sampleを選択します。

LumberyardEditor_OpenLevel

少し待つと、Levelが読み込まれます。

Ctrl + G でゲームを実行できます。R2○2に似ているようで似ていないロボットがぬるぬる動かせます。Esc でゲームを終了します。

LumberyardEditor_LoadLevel

なんだかこれだけでも達成感がありますね。何も作ってないですが。

だいぶ長くなってしまったので、プログラミングとTwitchは後編で説明します。