Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationEventAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
1
Help us understand the problem. What are the problem?

More than 3 years have passed since last update.

@_natsu_no_yuki_

jsonファイル内の欲しいデータをパス形式で取得するスクリプト

なぜ作った

Firebase の RealtimeDatabase をバックアップデータから復元したい時がありました。
Blazeプランにしていれば、バックアップデータは毎日自動的に取っておいてくれます。
これを取って来て、さあ目的のjson部分を取り出そう…と思ったらこれが大変。

ファイルは巨大だし、中身は改行もなくとんでもない長い1行になっていて、データの確認するのも一苦労…
というわけで作ったスクリプト(Ruby)。

スクリプト

#!/usr/bin/ruby
# coding: utf-8
require "json"

if ARGV[0] == "-h" then
puts <<-EOS
# 使い方
#
# ruby json_extraction.rb XXX.json path/to/json/data >> output.json
#
#   第1引数
#     jsonファイル
#
#   第2引数
#     path/to/json/data で、欲しいjsonデータをパス形式で指定
#       ex: user/12345/save/GameManager
#     配列の場合も、インデックスをそのまま書けばOK
#       ex: common/data_list/0/name
#
#   出力もjson形式。そのままGoogleRealtimeDatabaseにインポートできる形式
#
EOS
exit
end

# ファイル名
input_file_name = ARGV[0]

# 抽出パス
extraction_path = ARGV[1]

if input_file_name.nil? || extraction_path.nil?
  puts "引数が足りません (-h でヘルプ)"
  exit
end

# utf-8形式に変換(念のため)
`nkf -w --overwrite #{input_file_name}`

# JSONデータ
open(input_file_name) do |io|
  all_json = JSON.load io

  json = all_json
  extraction_path.split("/").each do |key|
    key = key.to_i if json.is_a? Array
    json = json[key]
  end

  puts JSON.pretty_generate json
end

使い方

スクリプト内に書いてある通り。
パスみたいな書き方指定にしてるのは、RealtimeDatabaseの流儀?に揃えたため。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
1
Help us understand the problem. What are the problem?