Help us understand the problem. What is going on with this article?

WOWZAの視聴者数(接続数)をGoogle Analyticsで見る

JAVA使わない勢には、WOWZAのIDEって、面倒ですね。
WOWZAの同時接続数、いちいちWOWZAの管理画面にアクセスしないといけないので、
他の人にチェックしてもらうには、設定いじられたらと思うと、少しハードルが高いです。

公式を探したら、アクセス数をアナリティクスで見る設定方法があったので、
投稿しておきます。

条件

・Wowza Streaming Engine™4.0.0以降
→ブラウザの管理画面、HOMEを見ればバージョンが書いてあると思います。
Wowza Streaming Engine Pro 4 for Amazon EC2 4.4.1 build17882 License
の場合は、4.4.1ですね。

手順

・google analyticsの作成
GOOGLEアナリティクスで、トラッキングIDというものを生成します。
1アカウント名はなんでもよし。
2データ提供系のチェックはお好みで。僕は全部つけたままにしました。
3ウェブを選択。(AWSのインスタンスにWOWZAがのってるタイプを使用しています)
4ウェブサイトの名前も、なんでもよし。
5WEBサイトのURLは、使うサーバーを指定します。ドメインでもIPでも大丈夫です。一瞬、ルートにアクセスしても、「ワウザ!」みたいな文字列が出るだけなので大丈夫かなと思いますが、ルートにいくアドレスだけで大丈夫です。

作成すると、トラッキングIDが出てきます。

・ツールをDL、サーバーにアップロード

公式ツールダウンロード

フォーラムに1.1.0とか謎のバージョンが投稿されていますが、
2016年版なので、これが最新なはず。
解凍したら、 wse-plugin-analytics.jarというファイルを、winSCPなりコマンドなりで、
サーバーのwowza streaming engine 4.ほにゃらら / libの中にアップロードします。
このフォルダの中にはほかにも.jarのファイルがあります。
なお、サーバー内に、ワウザフォルダが2個あったのですが、1個はショートカットだったので、
たどり着いたlibに入れれば大丈夫です。

・WOWZA管理画面での設定
管理画面にログインしたら、アプリケーションタブを開きます。
既に使っているストリーミングであれば、LIVE APPLICATIONが左に表示されているとおもうので、
そのアプリケーション名をクリックします。

そうすると、中央のタブに、プロパティとモジュールというタブがあります。
11.PNG

まずモジュールのタブを押して、EDITをクリック。
Add Modulesをおしたら、下記を入れます。

Name: ModuleAnalytics
Description: Sends statistics to Google Analytics. (多分何でもいい)
Fully Qualified Class Name: com.wowza.wms.plugin.Analytics

こんな画面になるので、Saveを押します。
 22.PNG

つぎにプロパティタブを開きます。
一番下の方までスクロールすると、
Customという項目があるので、ここに値を追加します。
Editをおして、Add Custom Propaty

Path: /Root/Application (そのまま)
Name: wowzalyticsGACode
Type: String (そのまま)
Value: アナリティクスでゲットしたトラッキングID(UA-〇〇〇〇-〇)

こんな感じになるのでsave。
33.PNG

restart now を押します。
そのあと、一応サーバーも再起動。

そうすると、アナリティクスのホーム画面でアクセス数が見れるようになっています。
ストリーミングサーバーに誰かアクセスしていないと、アナリティクスの画面に何もでてこないので注意です。
WOWZAのアプリケーション画面で、テストプレイヤーとかで開けば自分で1アクセス付けられます。
WOWZAのモニタリングのconnectionsが1になっていることを見てから、確認してみてください。

WOWZAからデータを送信して、GAで受け取っているだけなので、
プログラムやってない人にアカウントを渡しても安心です。

もっといろいろなプロパティを取りたい人は、公式を見てみてください。
WOWZA公式

以上、WOWZAをグーグルアナリティクスにつなぐ方法でした。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした