Help us understand the problem. What is going on with this article?

TouchDesignerでリアルタイム番組を作る2【一眼カメラ映像の取り込み】

More than 1 year has passed since last update.

キリョウ@_kiryoです。

できること

先日は、iphoneを使って映像をストリーミング配信する記事を書きました。
今回は、iPhoneより高画質な映像を配信できるよう一眼カメラをつかうことと、
Touchdesignerをかませつつ、YOUTUBE等にストリーミング配信する別の方法を考えてみました。

方法

①一眼から、PCにUSB接続
SparkoCamをインストールし、設定
③Video Device InでWebCamソースとして映像をロード
④performance modeもしくはviewなどでウインドウを分離
OBSStudioをインストール・設定し、配信

備考 SparkoCamについて

一眼をキャプチャする方法というと、BlackMagicなどのキャプチャボードを購入しつなぐ方法がありますが、
SparkoCamを利用すると、一眼の映像ソースをそのままWEBカメラの信号としてエンコードすることができます。

きゃぷ.PNG

注意点として、ウォーターマークが結構でかいので、フルサイズとかじゃないとクロップしてもすごく面積狭いかもしれません。ウォーターマークをとるには7千円前後の金が要ります。ペイパル使えます。
また、現在対応している一眼は、NiconかCanonのようです。

また、そのままタッチに取り込むと、画像が荒れているので、OUTする解像度を右上のあたりにあるPreview Resolutionから選んでください。タッチがコマーシャル版ではない場合、最大1280*720辺りだったかと思います。

そしてこれ、画像よくみたらわかるのですが、Effectsからかなり色々なことを設定できます。
日本語のテキストを画像にのせることができるのですが、タッチだとunicodeに変換したりと面倒なので、リアルタイムにテロップを入れたい場合にはかなり便利です。その他、ISOとか色温度とかもソフトから操作して一眼に反映できます。

備考 VideoDeviceIn Topについて

デフォルトだと、libraryがDirectShowになっているのですが、Media Foundationの方が高画質です。

きゃぷ2.PNG
SparkoCamで入れたテキストも綺麗に表示されています。

備考 OBSStudioについて

有名なストリーミング配信のフリーソフトです。
基本的な使いかたはこちらになります。

設定から、YOUTUBEやFACEBOOKLive、TWITTERライブが選べます。
また、WOWZAのようなストリーミングサーバーを持っている場合は、ストリームキーを設定できるので、GlobalIPを使えばアクセスできると思います(試してない)

TDのウインドウをキャプチャするには、ソースから+ボタンを押して、ゲームキャプチャを選択します。
ウインドウキャプチャは何故かうまく映らなかった。。。
ゲームキャプチャを選択したら、モードの「特定のウインドウをキャプチャ」を選択し、ウインドウからTDのパフォーマンスモード等のウインドウを選択すれば、表示されます。
キャプチeeeャ.PNG

よければついったーフォローおねがいします:v:

キリョウでした!

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away