Help us understand the problem. What is going on with this article?

MacでゼロからのFlutter環境構築

ゼロからFlutterの開発環境を構築するには以下の3つの手順が必要です。

  1. Flutterを導入する
  2. Xcodeを設定する
  3. Android Studioを設定する

Flutterを導入する

Flutterのインストール

Flutter公式からインストーラーをダウンロードします。
ダウンロードしたzipを解答して、flutterフォルダを任意の場所に置いてください。
私はアプリケーション直下に配置しました。

コマンドの有効化

  • flutterフォルダの中にあるflutter_console.batを実行します。 これでFlutter Consoleからflutterコマンドが使えるようになります。

Pathを通す

~/.bashrcまたは~/.bash_profileに以下を記述する。

$ export PATH=$PATH:/Applications/flutter/bin

Xcodeを設定する

Xcodeのインストール

App StoreでXcodeを検索してインストールします。
Xcodeのインストールにはかなり時間がかかります。時間の余裕がある時にインストールをしておくのをおすすめします。

Xcodeの設定を変更する

このコマンドを実装する。これでXcodeが使用できるようになる。

$ sudo xcode-select —switch /Applications/Xcode.app/Contents/Developer

ライセンスを表示して同意する。
コマンドから行ってもいいし、Xcodeを起動するでもOK。

$ sudo xcodebuild -license

Android Studio

Android Studioのインストール

App StoreでAndroid Studioを検索してインストールします。
こちらもなかなかお時間がかかりましたね。。

Flutter Pluginのインストール

メニュー>Android Studio>Preference...を選択する。
スクリーンショット 2020-06-26 0.55.05.png

横のメニューからPluginを選択。Flutterを検索してインストールする。
※画像はインストール済み

Android SDK toolsを設定する

Android SDK toolsのパケージ名がAndroid-SDK command line toolsに変わっていて、flutterからAndroid SDKをみにいくのに失敗するようになっていました。
なのでこちらを設定します。

先ほどと同様にメニュー>Android Studio>Preference...を選択します。
横のメニューのAndroid SDKを選択した、SDK Toolsの一覧をみます。

こちらしたの方にあるHide Obsolete Packagesのチェックを外すとAndroid SDK toolsが一覧に出てくるのでインストールします。

動作確認

ターミナルで以下を実行。こんな感じで返ってくれば完了です。
No devices availableこれはシミュレーターを起動していない時に出るので、実際作業するときはお忘れなく。

$ flutter doctor
Doctor summary (to see all details, run flutter doctor -v):
[✓] Flutter (Channel stable, v1.12.13+hotfix.9, on Mac OS X 10.15.4 19E266, locale ja-JP)
[✓] Android toolchain - develop for Android devices (Android SDK version 29.0.3)
[✓] Xcode - develop for iOS and macOS (Xcode 11.5)
[✓] Android Studio (version 3.6)
[!] Connected device
    ! No devices available

! Doctor found issues in 1 category.
_asa08_
猫好きiOSエンジニアの技術備忘録🐈元フリーランスで現在は語学学習アプリのiOSの開発をしています。 最近はAndroid開発を勉強して少しずつそちらの記事もあげていけたら良いな〜と思っています。
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした