Help us understand the problem. What is going on with this article?

[RSpec]画像がアップロードされたかテストする方法(Capybara)

はじめに

調べたところによると、Capybaraでは画像アップロードテストにattach_file([locator], paths, **options)を使えということだったのですが、なんかうまくいかなかったので別の方法でテストしてみました。

コード

設定画面等で画像をアップロードすると、マイページに反映されるようなテストを想定します。
Qiitaも同じで、プロフィール設定で画像をアップロードすると右上のプロフィール画像が変わります。これのテストです。

test.html.slim
input#input-image type="file" name="avatar" accept="image/jpeg"
test_spec.rb
scenario '画像をアップロードするとマイページに反映される' do
      using_session(@user.name) do
        visit 'path/to/target'
        image_path = File.join(Rails.root, "spec/factories/images/img.jpg")
        page.('#input_image').set(image_path)
        update_profile(page)
        expect(page).to have_selector("img[src$='img.jpg']")
      end
    end

using_sessionはCapybaraのこのセッションを使うよってやつですね。ここには入れてませんが、beforeの処理でこのユーザーはログイン済みです。
visit 'path/to/target'で好きなページにアクセスします。
image_pathはそのままですね。画像のパスです。

そして重要なのがpage.('#input_image').set(image_path)です。attach_fileではなく、setを使っています。正直この2つの違いが分かりませんが、setはinputに入力しているだけなので、ファイルだけではなく、textであってもsetの中身が入力されます。

画像を選んだらupdate_profile(page)でプロフィールを更新し、expect(page).to have_selector("img[src$='img.jpg']")でsrc属性にimg.jpgを含むimgタグがあるかを確認しています。$=とすることでその後に続く文字列を含むものを探します。
今回はimg.jpgをアップロードしたので、同じ名前のjpgファイルを探して、指定したurlにその属性があるかどうかをテストしています。

注意点

基本的にテストは使い捨てなので、テスト上で行われたDBの操作、例えばユーザー名の変更などはそのテストが終われば元に戻りますが、今回の場合画像をセットしているため、ユーザーの画像が置いてあるディレクトリの画像が置き換わっています。そのため、1回テストが完了すると、テストによっては初期の画像を読み込めずエラーを起こす場合がありますので、手動で画像を入れ替えるか、テスト用DBを初期化してください。

まとめ

attach_fileが上手くいかない時は試してみると良いかもしれません。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away